2021年5月10日月曜日

大山とT字滝、玉簾の滝(日光霧降)

 [標準コースタイム] 

霧降滝駐車場-(0:40)-T字滝-(0:10)-玉簾の滝-(0:40)-猫ノ平-(0:60)-大山-(0:30)-合柄橋-(0:30)-トンネル-(0:20)-霧降高原ハウス-(バス)-霧降滝駐車場

---

[標高] 大山 1158m

---

大山は今回が初めて。

霧降隠れ三滝は昨年11月にも訪問していますが、新緑の時期に歩いてみたいとも思っていたので、大山と連結してみました。(今回は三滝のうち2つだけ)

バス停のある霧降高原レストハウスの標高は約1200mなので、大山の山頂(1158m)より高所にあります。

霧降の滝(730m)に車を駐車し、大山経由て霧降高原まで歩き、帰りはバスで駐車場に戻ります。

体力的には逆コースの方がずっと楽です。


霧降の滝付近はツツジが満開でした。


駐車場がある一帯は「つつじヶ丘」と呼ばれていて、日中は満車だったようです。

バスロータリーがある霧降の滝入口付近より上にも駐車場があります。


カタクリ橋(T字滝の入口)までの道は、前回の記述を参照。

カタクリ橋を渡り終えて、すぐ右側にT字滝への案内。

沢に沿って下って行くと水音が大きくなって、T字滝の落ち口

さらに少し先で右へ分岐して滝下に降りられます。


先ほどの分岐まで戻り、さらに下って行くと霧降川の流れに出て丸太橋を渡ります。

非常にシンプルな丸太橋ですが、今のところ(?)ガタは来ていないようです。

水が新鮮・透明で気持ちいいですが、流れは早く深さもありそうなので注意!

先ほどのT字滝のある沢と、この霧降川が下流で合流して霧降の滝になるようです。

渡ってすぐ先に玉簾の滝があります。

展望台もありますが眺めが悪いので、その手前で左に折れ、沢に出て石を伝うとそばまで近づけます。


元の道に戻り、緩く登って行くと、マツクラ滝と大山(猫の平)への分岐

傾斜が増して、林の中の少しまとまった登り

猫の平に出ると展望が開けます。

女峰、男体山

これから目指す大山と休憩舎

暫くは緩やかな草原歩きです。

先ほどまでの林の中とは違い、強い風が吹いています。

・・・・前回来たときも強風でした。

木々を見ると、この辺の新緑の葉っぱは、いつも斜めを向いているよう

霧降牧場の北東方面に歩き、柵のあるところまで来ました(下記の地図参照)

ここから舗装された道路ですが、一休みして昼食。

牧場の地図(現在位置は門扉と書かれているところ)

この先、トウゴクミツバが目立って来ました。

再び牧草地の外れを登って大山山頂に到着

女峰・赤薙山方面には、キスゲ平の天空回廊も見え、この先歩くおおよその地形が分かります。

これは山頂手前にあった咲き掛けのシロヤシオ(今日初めてかも)

山頂からは牧草地の下りで、右手には大笹牧場も見えています。

傾斜が緩やかになった辺りから、トウゴクミツバとシロヤシオが目立ってきました。

あまり大きな株は無いようです。

合柄橋に到着・・・・と言っても橋は無く、沢を渡ります。

その直後に、やや足元の不安定な崩壊地点を通過


ガラガラに崩れ落ちています・・・・と言うか、綺麗に崩れている(!)

トンネルで道路を横断

到着

そばにあった案内図


少しだけ周辺散策の後、東武日光駅へのバスに乗車。