2010年1月20日水曜日

伊豆が岳 (奥武蔵) 2010/01/11

(画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高] 伊豆が岳 851メートル 古御岳 830メートル 高畑山 695メートル
-----
[標準コースタイム]
正丸駅-(1:20)-正丸峠-(0:30)-長岩峠-(0:35)-伊豆が岳-(0:20)-古御岳-(0:30)-高畑山-(0:40)-天目指峠-(0:50)-子ノ権現-(1:00)-西吾野駅  5時間45分
-----
[実際の時刻]
正丸駅(8:00)-馬頭さま(8:25)-正丸峠(8:55)-小高山(9:15)-長岩峠(9:20)-五輪山(9:30)-伊豆が岳(9:55)-古御岳(10:15)-高畑山(10:50)-天目指峠(11:30)-子ノ権現(12:10)-西吾野駅(13:25)
-----
正丸駅に7:53到着(・・・・したはず)。
伊豆が岳へは改札を出てすぐ右方向にあるコンクリートの階段(不自然な傾斜があって歩きにくい!)を下ります。
正丸駅から伊豆が岳へは大蔵山経由がメインルートのようですが、今回は正丸峠経由で歩いてみました。
西武線の線路をくぐって、舗装された道路を沢に沿って緩く登って行きます。
20分ほどで馬頭さまに到着。ここから正丸峠方面と大蔵山方面が分岐します。

体が暖まってきたので、上着を脱いで登山靴の靴紐も締めなおし。
今日は一面の曇り空で、雨は無いでしょうが日差しも無さそう。
大蔵山方面はここから沢に沿った樹林帯の山道です。
正丸峠方面もカーブを1つ曲がった先で山道になりました。
お甲講の説明がある鳥居の前を通過し、旧正丸峠への道と分かれて沢沿いを行きます。



植林帯ですが沢に沿った道は岩がちで変化があります。
立派な手すりのついた階段が出てくると正丸峠で、かなり急角度で見上げた先に売店が見えて来ます。

右手に広い舗装道路が通っていますが、登山道は舗装道路に背を向けて左にカーブします。
尾根筋をたどるようになり、葉を落とした林の中を登ります。

時々出てくる小ピークなど、めぼしいところには丸太を半分にしたベンチがあります・・・・この先もずっと子ノ権現まで頻繁に置かれていました。

植林の多い地域ですが、葉を落とした冬の林は間近に見ると整って綺麗です。

正丸峠から30分ほどで伊豆が岳手前の五輪山に到着・・・・平らで何も無い山頂には保育園くらいなら建てられそうです。

ほんの少し下ると大蔵山方面からの道と合流し、すぐに男坂(鎖場経由)と女坂に分かれます。
画像の左下は大蔵山からの道。直進して登れば男坂、右折すれば女坂。

鎖場は注意書きがあり、とうせんぼのロープも控えめに張られていて、一応通行止めのかっこうです。
これは登り始めの地点から下を見たもの・・・・「落石の恐れ」との注意書きもあります。

こちらはかなり上まで登ったところ。足場自体はしっかりしています。

以前にこの岩場で太ももに痙攣を起こしたことがありました・・・・登山靴を買い替えて初めての使用で、まだ足に馴染んでいなかったのが原因。
登り切ってからも幾つかの小さなコブを越えます。

所要時間は女坂を登ったほうがずっと短いですが、岩場からの眺めはやはり爽快で、登るに連れて視野が大きく広がります。

山頂付近は細長い広場で、暖かい時期には大勢の人がいますが、今日はカラス一羽のみ。
我輩が姿を現したら飛び去って行きました。

新しい標識。土台の石も立派!

少し休憩の後、今日初めて杖を取り出して下山開始。
山頂直下は急傾斜で滑りやすいので要注意。すぐに山伏峠への道を右に分けます。
古御岳(コミダケ)を前にして葉を落とした木立がとても綺麗です。

古御岳との鞍部には西吾野への分岐もあり、古御岳に向けて登り返します。
古御岳山頂・・・・伊豆が岳より20メートル低い。

伊豆が岳方面

再び下り・・・・この下りはやや長め。
沢山のアセビに囲まれたところがあり、冬でも青々としています。

次のピークは高畑山・・・・この前後に何人かの登山者とすれ違いました。

高畑山の南斜面は植林ですが、非常にすっきりと整った感じ・・・・一面緑の下草が効いているせいかも(?)

天目指峠は舗装道路が輪を描くように通っていて、道路脇には休憩舎もあります。

「環境省・埼玉県」の立派な説明書き。

こっちのは「環境庁・埼玉県」・・・・このコースは説明書きも頻繁です。

子ノ権現はまだかな?・・・・と思い始める頃ですが、この後アップダウンを3つ繰り返してから、やっと小さい社が出てきました。

すぐに鳥居があって竹寺方面への分岐。

子ノ権現の裏庭のようなところまで来ると、登山者のグループが休憩中。
左手には伊豆が岳と古御岳のすっきりとした姿。

足腰の神様を祭った子ノ権現の大ワラジ・・・・隣には下駄も2足。

ロウバイも幾つか咲いていました。
この先は下るのみ。
車道を下り始めると吾野駅方面への山道が分かれますが、これを見送ってほんの少し先まで歩くと西吾野への山道が出て来ます。
あと1時間・・・・西吾野の方が20分くらい早く着くはず。
歩きやすい道が通っています。ヘアピンカーブのところで一休みして、残ったおにぎりを1個片付け。

ほぼ予定通り西吾野駅に到着。

0 件のコメント:

コメントを投稿