2010年6月4日金曜日

高尾山(蛇滝コース) 2010/05/31

(画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高]  599 メートル   
-----
[標準コースタイム]
蛇滝口-(1:00)-2号路に合流-(0:30)-山頂-(この先は不規則で標準コースタイム不明)-高尾山口
-----
[実際の時刻]
滝口(11:30)-蛇滝水行道場(11:50)-4号路との出合い(通行止め)(12:10)-山頂(12:45)-稲荷山コースとの出合い(13:00)-高尾山口(14:00)
-----
蛇滝コースは1号路から6号路まで番号付きのコースとは離れていて人は少なめで静かです。
蛇滝口までは、普通は高尾駅から小仏行きのバス利用ですが、直接歩いたりもしています。
(歩く場合は高尾山口から小仏川沿いを行きます)
バスを降りて進行方向に向かって歩くと、左側には小仏川が流れ、少し先で蛇滝方面への道が左へ分岐します。
(逆にバス停から少し戻ったところの橋で川を渡って、対岸の山道を歩くこともできます・・・・いづれにしても短い距離)


ちょうど圏央道を通すための高架工事が行われていました。

蛇滝方面への道に入ってもしばらく路面は舗装されています。
この先の駐車スペースに車を置く人もいるようですが、途中の道幅は狭くすれ違いは無理。

左側には小さな流れがあり、緑が鮮やか!・・・・琵琶滝コース(6号路)よりも細めの流れです。

蛇滝水行道場の案内・・・・このへんから傾斜が増して、やがて水行道場の建物が見えて来ます。

道は道場の中を通るかのように付いていますが、肝心の滝は見えません。

道場の階段を少し登って見下ろしたところ。

舗装が終わって山道になります。
今にも雨が降りそうなお天気・・・・先に降った雨で水溜りができているところもあります。
霞んで見通しが良くないので、却って山深いところに来たような気分。

森の中を登って行くと、上の方から高尾山口へ向かうケーブルカーの音が聞こえてきました。

2号路と合流・・・・すぐ近くにケーブルカーの駅があります(蛇滝コースというのはここまでのこと?)
高尾山頂直下近くまで通じる4号路方面に向かいました。
4号路のハイライトは吊橋で、今日はこれを通るつもりだったのに、なんと通行止め!
仕方なく1号路(表参道)に合流し、男坂と女坂が分岐するところに出ました。
薬王院を通って山頂へ・・・・見通しが悪く、この時の山頂写真は無し。

軽く食事。お天気は良くないのに沢山の人出です。
この写真は山頂から城山方面(奥高尾方面)へ階段を少し下ったところ。

下りは稲荷山コースを予定していましたが、このコース上部は滑りやすいので要注意です。
稲荷山コースは尾根道なので、晴れていれば眺めが良く、傾斜も緩やかで道幅も広め。
山頂部分の南側を巻いているほぼ水平な道(5号路の一部)を稲荷山コース方面へ戻ります。
ここでも水溜りが目立ちます。

稲荷山コースに出て、少し下ってみるとやはり滑りやすいようです。
こういう時は琵琶滝(6号路)のほうが階段が多く安全なので予定を変更。
さらに山頂を巻き琵琶滝コースに出合ってから下り始めました・・・・こちらは人通りが多い。

これも琵琶滝コースの一部で小さい流れの中に飛び石が置かれています・・・・見方によってはこれでも充分滑りやすい(?)

この飛び石があってから、再び稲荷山コースへ道が分岐している所から、もう1度行って見ました・・・・まあ先ほどよりは歩きやすくなってきたようです。
琵琶滝コースから稲荷山コースへ向かう付近の森

稲荷山コースに出たところ(左に下るのが琵琶滝方面)

やはり琵琶滝に比べると通行人は少なく、皆さん慎重に歩いています。
どのズボンもふくらはぎのあたりは泥撥ねがいっぱい!
山道をジョギングする人たちも時々通過・・・・尻もちをついたらしく、ズボンの片側全体に泥のあとが見られる人も何人か。

その後はすなおに高尾山口駅へ。

0 件のコメント:

コメントを投稿