2011年1月15日土曜日

扇山、百蔵山 2011/01/05

(画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高]  扇山 1138メートル 百蔵山 1003メートル
-----
[標準コースタイム]
猿橋駅-(0:40)-百蔵山登山入口-(1:40)-百蔵山頂-(0:30)-宮谷分岐-(1:45)-扇山頂-(1:20)-安達野-(0:35)-大野池貯水池-(0:30)-四方津駅
-----
[実際の時刻] 
猿橋駅-(8:25)-総合グラウンド(8:58)-登山口(登山カード入れ)(9:25)-百蔵山頂(10:25)-宮谷分岐(11:15)-大久保山(12:35)-扇山頂(12:50)-犬目丸(13:30)-山の神(金比羅神社)(14:00)-大野池貯水池(14:50)-四方津駅(15:50)
-----
初めて降りた猿橋の駅・・・・古そうな建物を想像していたが予想外。


桂川にかかる猿橋は日本三奇橋の一つとか・・・・後日ネットで調べてみると、予定のコースより東にありますが、面白い橋で周囲の景色も良さそうだし行って見れば良かったかも(・・・?)
国道20号線に出て東に向かい、コンビニのかどを北に曲がると、立て続けに桂川を渡り、中央高速をくぐり、すぐに葛野川も渡ります。
登山口までは何度も曲がりますが、案内も頻繁に立っているので迷わずに行けました。
この変則ピラミッドは岩殿山・・・・大月駅からの見慣れた姿とは違って、鎧カブトのような横顔です。

立派そうな大月市営総合グラウンドを過ぎたところの分かれ道

さらに登ってゆくと左右どちらに行っても百蔵山と書かれた分岐・・・・我輩は左へ。

道が細くなってから、なんとなく意味ありげな建物が出てきました・・・・ゆっくり眺めるつもりは無いので横目で見ながら通過。
国際交流の記念碑のようなものも見えます(写真左端)

登山カード入れが出てきて植林帯に入り、すぐ水場に到着。

しばらく登って植林帯を抜けると、切り開かれた眺めの良い場所に出ました。

富士山方面が良く見えます・・・・この後は少しずつ雲が増えてきたので、今日の眺めはここが一番でした。
10分ほど登って東西に走る稜線に到着

さらにひと登りで広い百蔵山頂に着・・・・1人先客あり。
百蔵大明神遺跡と書かれた石碑があります。

おにぎりを1つ立ち食い。
少しうろうろしてから扇山方面へ歩き出すとすぐに分岐があり、右折すると百蔵浄水場、左はコタラ山・扇山へ。

ちょうど浄水場方面から2人連れが登ってきたところで、軽く挨拶してコタラ山方面へ。
急傾斜を注意しながら下って行くと、こちらからも2人連れが登ってきました。
どれがコタラ山かよく分からないうちに通過・・・・巻いた山?それとも通過した平坦なところ?
起伏の小さい道をしばらく歩きます・・・・このへんは木立も特に見るもの無し。
登りに転じ始めるあたりで一休み。
この先の登りは急傾斜で背後の百蔵山がどんどん低くなって行きます。

何度も振り返ってみましたが、百蔵山方面の眺めがすっきりと開けているところはなかったような・・・・緑の多い時期にはほとんど見えなくなるでしょう。
樹間から大菩薩連嶺が百蔵山の上に連なって見えています。
これはコタラ山付近(?)からかろうじて覗いている大菩薩連嶺

この登りは急傾斜で体力を消耗しますが、植林帯は切れて周辺の林には変化があります。

登るに連れて、乾いて枯れたような木が多く目立ってきました。
季節が冬だとしても木々の色合は水分が不足しているような感じを受けます・・・・山全体が乾燥している?
この傾斜を登り終えれば山頂かと思っていたら、着いたのは大久保山・・・・どこかのお宅の表札を持ってきて貼り付けたような標識(・・・・大久保さんが寄付してくださった?)
扇山の山頂は大久保山の少し先にあります・・・・平坦な散歩道を歩いて、最後にほんの少し登ると山頂。
扇山頂付近も平坦で非常に広く、今日も先客が休憩中だろうと思っていたら人気は無し。

ここからの富士山はもう雲がかかってしまいました。

特にまとまった休憩は取らず、適当にあたりを眺めてから下り始めました。
15分くらい下った後に出てきた鳥沢駅へ90分の標識・・・・ここは犬目・大野方面へ。


さらに10分ほどで再び分岐・・・・右は県道に出るとありますが、直進してもう少し先まで尾根道を行きます。

犬目丸(小ピーク)

金比羅神社

眼下には中央高速の談合坂サービスエリアと大野池貯水池が見えています。

この先は、登山道というより折り重なった素朴な農道のような感じ。
一旦集落に入り、頻繁に出てくる案内に従って下ります。

談合坂サービスエリアのすぐ西側に設けられた橋で中央高速を渡り、大野池貯水池へ。
「サービスエリアに入り込んでおいしいものでも食べながら休憩」・・・・というアイディアも脳裏を翳めたり・・・!
大野池貯水池は以前にも3度くらい来ていますが、今回は水量が少なく、子供がサッカーボールを追って水際まで下りています。

僅かに遊び場があり、ベンチもところどころに置かれ、暖かい時でも混み合うほどの人出はなく静かに休憩できます。
ここから四方津駅まで約30分・・・・軽く峠を越えるような舗装道路の歩行です。
電車はどの辺を走っているのかな?・・・・と思いながら歩いていると、電車らしき音が小さく聞こえるのに姿は見えず・・・・?
駅について納得・・・・四方津駅から西はすぐトンネルになっています・・・・その上のあたりを歩いてきたようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿