2011年1月23日日曜日

鳥の胸山 (道志)  2011/01/16

(画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高]   1207メートル  
-----
[標準コースタイム]

道の駅道志-(1:35)-鳥の胸山頂-(0:30)-雑木の頭-(0:50)-道志の森キャンプ場-(0:30)-道の駅道志
-----
[実際の時刻]
道の駅道志(9:05)-登山口(9:30)-鳥の胸山頂(10:20)-雑木の頭(10:55)-道志の森キャンプ場-(11:35)-道の駅道志(12:00)
-----
これは道の駅道志から見た鳥の胸山・・・・裏山のような感じ。

道の駅裏の吊橋を渡ってそのまま進むと、閉じられたフェンスがあって行き止まりのように見えますが、近づくと鳥の胸山への案内が貼られているのが分かります。
道の駅西側にある道路から入っても、その先には標識が立っていて、すぐ合流するようです・・・・我輩は吊橋コースを選択。
少し登るともうひとつゲートが出てきます・・・・こちらは木製。

道の駅方面を見下ろしたところ・・・バスが止まっているのが見えています。

その後キャンプ場を回りこむように舗装道路を歩いて登山口(・・・・と呼ぶに相応しそうなのでそう呼んでおきます)に到着。

登山口に立つ案内板には、今回予定したルートは書かれていませんが、この山としてはマイナーコースではないはず。
薄暗い植林帯ですが、幹は太く成長していて貫禄があります。
林道に突き当たって左折し、道なりに行きます・・・・今は車が通れる道ではなさそうです。

少し行くと林道が切れて再び登山道へ

始めは樅ノ木が混じった緩やかな樹林帯ですが、途中から傾斜がきつくなります・・・・急傾斜でバランスを崩しそうなところも・・・・。
一旦、肩のようなところに到着。一息ついて水平に歩いた後、短い最後の登りとなります。
付近は整った小柄な木立が生えています。

山頂からは山中湖へ続く道志の谷と、その奥に富士山が良く見えています(・・・・この後すぐ雲に隠れてしまいました)
送電線鉄塔を立てるために削られた斜面も谷に沿って目立っています。

山頂から下り始めるとすぐ植林帯へ・・・傾斜は急でトラロープ付き。

その後、植林帯を抜けてから雑木の頭までは気分のいいところ・・・・道幅は広く傾斜も緩く整った林です。

桧洞丸や蛭が岳も見え、近くには畦が丸と大界木山が同じくらいの大きさで並んでいます。

雑木の頭に到着・・・・ここから道志の湯方面に下りることもできるようです。

そばには面白い標識・・・・まだ新しい。茨城県守谷のボーイスカウトとか・・・・下のキャンプ場あたりで一泊?

5分くらい行くと南面の開けたところがあって、菰釣山方面が見え、この先は下る一方になりました。
お!・・・・もう1つ出てきた。何となく幸福な気分にしてくれる標識。

こっちのほうが、さらにカラフル。
下りは急でやはりトラロープが・・・・この山はトラロープが大活躍です・・・・今のところしっかり結んであるし、古くないので安心。
水音が聞こえてきて、やがてキャンプ場に到着。
とても広そうなキャンプ場ですが、寒い時期なので殆ど人影無し・・・・1組だけバーベキューしている人たちがいました。
その後は道なりに歩き、途中で川を渡り道の駅方面へ。


0 件のコメント:

コメントを投稿