2011年7月18日月曜日

縞枯山・ 茶臼山・雨池 2011/07/18

(画像をクリックすると拡大表示されます)
---------------
[標高]    縞枯山 2403メートル 、 茶臼山 2384メートル
---------------
[標準コースタイム]
白駒池-(0:30)-麦草峠-(0:15)-大石峠-(1:10)-茶臼山-(0:35)-
縞枯山-(0:30)-雨池峠-(0:50)-雨池-(1:20)-麦草峠
---------------
[実際の時刻]
白駒池(5:30)-麦草峠(6:10)-大石峠(?)-中小場(6:45)-茶臼山(7:35)-
縞枯山(8:35)-雨池峠(9:05)-雨池(10:00)-麦草峠(11:35)
---------------
(前日は白駒池でキャンプ 「天狗岳、ニュウ、麦草峠」からの続きです)

早朝にテントを撤収して麦草峠に戻り、今日は茶臼山方面へ。
大石峠を過ぎると、地図では中小場と書かれた好展望の小ピーク(標高2232)があり休憩・朝食。
茶臼山、中山や天狗岳、南・中央アルプスなど周りの山々が良く見えています。 写真は茶臼山

ここを過ぎるとほぼ直線的に付けられた急登になり、小石がガラガラと崩れそうな道が続いています。

どんどん高度を稼いで振り返ると天狗岳や麦草峠、さらに赤岳山頂部などが見えてきました。

写真左端に僅かに見える草原が麦草峠。

登りきったところに山頂標識があり、良く見ると消えかけた文字で縞枯山方面とは別の方に展望台への案内もあります。
行ってみると素晴らしい眺めで、標高もこちらが最高点でしょう。


霧が峰や美ヶ原を挟んで、北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳も見えています。

携帯も通じるので、うちの息子と会話。
茶臼山からは軽く下って縞枯山へ。
この鞍部の道は立ち枯れの間を通っていて気分が良く、縞枯山への登りも緩やかで足元はしっかりしています。
途中、五辻への分岐があり、山越えせずにピラタスロープウェイにも行けます。


登りがひと区切りついたところで展望台(標高2387)への案内が出てきました。これは展望台からの眺め・・・・今通過してきた茶臼山を正面に南八ヶ岳や南アルプス(右)

ここから縞枯山の山頂までは殆ど傾斜が無い道です。
縞枯山頂は立ち木に眺めが妨げられていますが、途中からは北・中央・南アルプスなどが見えます。

ただの通過点のようなところに山頂標識・・・・これが無ければ、どこが山頂か分からないかも!
下りもそのまま緩やかな傾斜が続くかと思うと、予想に反して急降下!・・・・特に下り始めは慎重に足をおろします。
しばらく立ち枯れの多い森の中をほぼ直線的に急降下すると、正面には雨池山が近づいてきて、斜面を下る登山者の動きがわかるようになってきました。

傾斜が緩くなって雨池峠に到着。
登山者・・・・というより、ヤマガールと表現したほうが相応しいグループが休憩中で、かなり話が弾んでいます (と言っても良く見ると、ヤマバーサンやヤマオジサンも混在)
雨池方面へさらに下って、双子池に通じる林道に出ました。
纏めて植えたかのようにダケカンバの幹の太さが整っています。
時々オリエンテーリングの人たちが追い越して行きます。

林道を道なりに少し歩いて雨池への標識・・・・左へ折れて再び山道へ。

雨池のほとりで休憩・食事
明るい雰囲気の池で、これだけ広いのに水深は1メートルもないとか。


雨池周辺は笹が繁っていて、白駒池の苔とは別の新鮮さが引き立ちます。

その後、池を4分の3周くらいしてから麦草峠方面へ
草原のようなところもありますが、多くは樹林帯の通過です。
麦草峠の道路脇にある茶の池に到着

0 件のコメント:

コメントを投稿