2011年8月20日土曜日

雨が岳 (天子山塊) 2011/08/16

 (画像をクリックすると拡大表示されます)
---------------
標高   雨が岳 1772メートル  
---------------
標準コースタイム
根原 -(0:15)- A沢貯水池 -(0:25)- 東海自然歩道分岐 -(0:35)- 端足峠 -(1:50)-
雨が岳 -(1:20)- 端足峠 -(0:25)-
東海自然歩道分岐 -(0:20)- A沢貯水池 -(0:15)- 根原
---------------
実際の時刻
根原(5:15)-A沢貯水池(5:25)-東海自然歩道分岐(5:50)-端足峠(6:15)
-雨が岳(8:10)-端足峠(9:40)-
東海自然歩道分岐(10:05)-A沢貯水池(10:25)-根原(10:35)
---------------
根原というところに車を止めて、雨が岳を往復しました。
駐車場所への入口付近は、目ぼしい案内が無く見落としやすいところです。
本栖湖から富士宮方面へ139号線を走ると、富士が嶺への道が左に分岐(標識あり)した後、道がカーブするあたりで、右に入る道があります(すぐ近くには歩道橋のようなものがある)

我輩も気づかずに道の駅まで走ってしまいました。
入ってすぐに車止めがあり、その手前に空き地(?)があります。

少し森の中を歩いてA沢貯水池へ・・・・ここからでは水面は見えません

植林帯に入るところに立つ案内。

登ってゆくと、途中で沢を渡ります

県境方面への東海自然歩道との分岐

端足峠に到着

今日の富士山の眺めはイマイチのようです。

この先、一面に笹の生えた道が続きます。
これと言った特徴もありませんが、感じのいい緑の道です。

大木が目立つようになると、かなり傾斜も厳しくなってきます。

今日も暑い日ですが、朝早く気温が低いので助かりました・・・・それでもシャツは汗びっしょり。

端足峠から僅かに下った後は登り一方です。
前方がぽっかりと空いて、開けた斜面へ。


やはり富士山方面は霞んでいます。
傾斜が少し緩んできて、さらにひと登りすると山頂・・・・やや寂しい山頂標識

食事休憩中に霞んだ富士山がやっと見えました・・・・朝霧高原は雲の下。

帰りは来た道をそのまま戻りました。
これはA沢貯水池を金網の間から撮った写真。


0 件のコメント:

コメントを投稿