2012年3月20日火曜日

景信山・城山 2012/03/18

(画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高]    景信山  727メートル  城山 670メートル  
-----
[標準コースタイム]
高尾駅-(1:10)-小下沢林道分岐-(0:30)-ザリクボ沢-(1:10)-景信山-(0:30)-小仏峠-(0:25)-城山-(0:40)-弁天橋-(0:30)-相模湖駅
-----
[実際の時刻]
高尾駅(8:25)-小仏関所跡(8:50)-小下沢林道分岐(9:40)-ザリクボ沢(10:25)-景信山(11:35)-小仏峠(10:00)-城山(12:35)-弁天橋(13:50)-相模湖駅(14:30)
(適当に休憩を含んでいます)
-----
JR高尾駅から小仏方面に直接歩いてみました・・・・小仏行きバスが走る道とほぼ同じです。
高尾山の北側(裏高尾)は、小仏川に沿って道が通じていて、梅林や小仏関跡があったり、民家の庭先にもきれいな草木があったりして、以前に何度か歩いたところです。
京王高尾山口から戻った方が距離的には近いかもしれません。
小仏関跡・・・ウメが咲いていました。

少し先で梅郷橋という名前の橋から小仏川を対岸に渡り、川沿いを行くことにしました。
ほかにも梅林はちらほらありますが、開花はまだのようです。
これは高尾山頂に向かう蛇滝コースの入口付近

フィッシングセンターを過ぎて大きくカーブした登り坂を越え、JRの線路をくぐったところで、小下沢方面の道が分岐します。
右へ行くと小下沢梅林、そのまま進むと小仏梅林との案内があります・・・・右へ。
登り坂がさらに続いて、途中からJRの線路を見下ろしたところ。

右手の斜面に小下沢梅林が拡がってきます・・・・非常に大きな梅林ですが、今年は開花が遅く殆どはつぼみ状態。

坂を下ると左側には小下沢が隣接して流れています。
昨日は雨が1日中降ったせいか、小規模な流れながら見ごたえあり・・・時々水辺に下りたり立ち止まったりしながら歩きます。



砂利道ですが凹凸が少なく傾斜も緩やかです。
右を併行している稜線には北高尾山稜コースが通じているはず・・・・時々登り口らしき案内もあります。
これはカメラの故障ではなく、こんな色合いの木

車止めが出てくると景信山への登山道は間近です。

キャンプ場跡地があり、「小下沢風景林」という案内板が立っていました。

10年以上前(?)に来た時はキャンプ場で子供たちの声が響いていましたが、今は整地されて家が1つだけあります。
ここから木橋で小下沢を渡り、ザリクボ沢に沿った道を登ります。

10分あまりでUターン気味に右折して沢を離れると道の傾斜が増してきました。

もう登山道として見ても立派な傾斜(?)ですが道は明瞭です。
その後傾斜が緩むと植林の斜面を水平に巻くようになり、再びUターン気味に右折すると傾斜が増します。

一旦登り切った少し先で、小仏バス停コースが左から合流して人通りが増えます。

さらに登って、前方に見えてきた新しい家は景信山のトイレでした。

すぐ山頂到着・・・・売店があって休憩椅子が沢山。
山頂からの眺め・・・・小雨ですが、思っていたより見通しが効きます。

小仏峠に向かって一旦下りますが、小雨の中、今回のコース中では一番滑りやすいところでしょう。
小仏峠・・・・明治天皇巡幸碑があります。

小仏峠を過ぎて城山までの登りもドロの多い滑りやすい道です。
城山到着・・・・ここも景信山以上に沢山の休憩椅子。

晴れていれば相模湖が見えます。
天狗の背後には、うっすらと高尾山

山頂西側から相模湖へ下ります・・・・このコースも山歩きを再開したての頃、良く歩きました。
人通りが減って静かです。

植林ですが何となくいい雰囲気。

寧ろ標高の低いところの方が自然林になっています。
高速道路と同じくらいまで下りてきたところ。

最後の下りは整備された階段

人里に下りて甲州街道方面へ

甲州街道を渡り斜め左に向かう道に入ります・・・・右に折れてバス停に向かう人もいます。
少し下って公衆トイレのある神社。

トイレは城山から下りたところにもあり、次にここ、さらにこの先で弁天橋を渡ったところにもありました。
すぐに弁天橋が見えてきました・・・・草木の葉が落ちて見通しの良い時期なので。

橋を渡ると向こう岸には最後の登りがあります・・・・短いですが、意外に厳しい登り!
広い道路に出て、嵐山の根元を相模湖のダム方向へ歩き、車が頻繁に往来する橋を渡ります。

JR相模湖駅までは15分くらいでしょうか。 

0 件のコメント:

コメントを投稿