2012年7月22日日曜日

編笠山・西岳 (八ヶ岳)

2012/07/16
  (画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高] 編笠山 2524m  西岳 2398m
-----
[標準コースタイム]
駐車場-(0:45)-不動清水-(2:40)-西岳-(0:50)-青年小屋-(0:30)-編笠山-(2:30)-盃流し-(0:30)-駐車場
-----
[実際の時刻]
駐車場(5:30)-不動清水(6:15)-西岳(8:40)-青年小屋(10:00)-編笠山(10:35)-臼久保岩小屋(13:00)-盃流し(13:25)-駐車場(13:50)
-----
富士見高原ゴルフ場近くの駐車場を利用しました。
鉢巻道路を北上し鹿の湯方面に右折してすぐに左折後、緩い坂を突き当たりまで走りますが、ほかにも場所は豊富にありそうです。
これは下山してきた時の画像で、朝は5台くらい(だったと思う)
すぐ上に登山道への案内がありました。
工事中の広い砂利道が切れると登山道ですが、この辺は工事の進展によって変化するでしょう。
林道が幾つも通っているらしく時々横断します。
曇り空で辺りは薄暗く、シダの葉が目立つ道です。
歩き始めて30分くらいで信濃境駅・盃流しへの分岐に出て、少しの間林道歩きになりました。


10分くらい歩いて不動清水に到着・・・ここにも信濃境駅・盃流しへの案内があります。
水量は豊富。林道歩きはここで終了。
トイレもあるようですが内部は未確認。

ここからは裾野の広い八ヶ岳らしく、蛇行の殆ど無い緩い登りが続きます。
その後も何度か道路を横切ります。
これは殆ど使用されずに草が伸びた林道・・・・不動清水から1時間くらいのところ。

このへんまでの森はやや大きく育ったカラマツが多いようです。
その後はコメツガの密生が目立って来ます。

観音平から編笠山への登りと比べてもコメツガの存在感が大きいような。
ギンリョウソウ

地面が踏み固められた感じの広場に到着して小休止・・・・昭文社の地図によれば2138メートルとのこと。

途中で麓の良く見える開けたガレ場に出ます・・・・ここでも一休み。

その後10分くらいで山頂に到着。数人の登山者が休憩中。

お天気は回復傾向ですが、となりの編笠山もまだ山頂部は隠されています・・・・富士山も見え隠れ。
イブキジャコウソウ?

少し待ちましたが、晴れそうで晴れないので青年小屋方面へ歩行開始。
僅かに急降下の後、アップダウンの少ないシラビソ・コメツガの森の道・・・・ゆっくりゆったり気分。


乙女の水に到着・・・・昔は別の呼び方をしていたようで、「金命水」との名前もあり。

不動清水と飲み比べてみると、乙女のほうが少し苦めですが、却って美味しく感じます。
その後すぐに青年小屋・・・・入口には「遠い飲み屋」のちょうちん。

岩がゴロゴロした編笠山の斜面を登ります。
やっと青空が見えてきました。


途中で見かけたハクサンボウフウ(?)・・・・蜂が沢山

青年小屋と権現岳

編笠山頂に到着
先ほど通過してきた西岳

おにぎりを食べながら赤岳(八ヶ岳の主峰)山頂部の雲が晴れるのを待ちます。
阿弥陀岳(左)と赤岳(右)、中間の奥には横岳・・・・かなりアップで。

下りは編笠山頂から富士見高原(不動清水方面)へ。
富士見高原方面への下りを目で探して見ると、下の方に岩に塗られた大きなペンキの矢印が見えました。
青年小屋への道に比べると踏み跡がはっきりしません・・・・適当に選びながら岩を伝います。
岩が切れて樹林帯に入る手前での南アルプス方面の眺め。

3つのピークは左から北岳、甲斐駒が岳、仙丈ケ岳
露出した岩が終わって苔の多い樹林帯に入ります。

僅かの間ですが相変わらず足元は岩が多く、濡れて滑りやすいので要注意・・・・足の長い人が有利。
その後、道は落ち着いて樹林帯の背丈は高くなり、ダケカンバの目立つ斜面になります。

高度差100メートル間隔くらいに案内板があって、「ここは標高○○メートル・・・」と書かれています。
登りで歩いた道とは違った林相です。

同じような雰囲気がしばらく続きました。
さらに下ると草原ふうで緑の多い森に変わります。
途中でテンのような動物にも出会いました。

「臼久保岩小屋」・・・・その昔は使われた岩屋のようです。

水の無い沢を渡ると盃流し・・・・登山道のすぐ脇ですが、現在流れは無し。
すぐに富士見高原への分岐が出てきます。

下の方からチェーンソーの伐採音が聞こえて来るようになり、不動清水は経由せずに駐車場へ。

------------------------------
この時期、八ヶ岳のアブは有名らしく、ネットで「八ヶ岳 アブ」で検索すると沢山の書込みがあります。
今回も、下りでは標高1800を切るくらい(時刻は13時くらい)からうるさくなってきて、何箇所か噛まれましたが、タオルを取り出して払いながら歩いて凌ぎました。
登りは早朝だったせいなのか、全く見かけませんでした。
チクリとする程度ですぐに気づいて追い払いますが、翌日には蚊に食われたように腫れます。
我輩の場合、山は必ず長袖・長ズボンですが、薄手の生地ではその上からやられます。
8月お盆休みにはいなくなるとのこと。
-----

0 件のコメント:

コメントを投稿