2012年10月13日土曜日

雲取山(唐松谷と野陣尾根)

2012/10/08
(画像をクリックすると拡大表示されます)
[標高] 2017メートル  
-----
[標準コースタイム]
八丁橋-(1:20)-登山口-(0:20)-唐松谷林道分岐-(3:00)-ブナ坂-(0:40)-奥多摩小屋-(0:25)-小雲取山-(0:30)-雲取山-(0:20)-小雲取山-(2:30)-唐松谷林道分岐-(0:20)-登山口(1:00)-八丁橋 
計10:25
*日原林道上の唐松谷への下降地点を「登山口」としました。
-----
[実際の時刻]
八丁橋(7:10)-登山口(8:15)-吊橋(8:25)-唐松谷林道分岐(8:55)-ブナ坂(11:05)-奥多摩小屋(11:45)-小雲取山(12:10)-雲取山(12:30)-小雲取山(13:00)-唐松谷林道分岐(14:40)-登山口(15:05)(:)-八丁橋(16:10)
------------------------------
日原林道の八丁橋に車を停めました。すぐ近くに天祖山の登山口もあり、車利用の場合はここが恒例の(?) 駐車場所です。

安全とは言いがたく、後ろから落石があると車にぶつかって来そうで、前方も1メートル先は崖になっています。
ちなみに車のすぐ前はこんな感じ・・・・緑は綺麗です。
この少し先には車止めゲートがあり、開いているのも見かけますが、この日下山して戻ってきた時には閉まっていました。

今回の目的は雲取山頂よりも、唐松谷林道と富田新道 (野陣尾根)で、特に唐松谷を歩くのは初めて。
八丁橋から歩き出して1時間あまりで入口に到着

植林の中を日原川に下り始めますが、すぐに植林は切れてさらに少し下ると吊橋に出ます。
長沢谷方面からの流れと唐松谷の合流地点で、橋は長沢谷側に架かっています。
見ての通り、足元は滑りやすく良く揺れる橋です。

これを渡って対岸からは急傾斜の登りに転じます。
唐松谷林道と富田新道は登り始めて20分ほどで分かれます。
「林道」という名前は誤解されがちですが、車が通れるような道ではなく、人間がすれ違うほどの幅もありません。
この標識にも、「悪路」とか「キケン」とか書かれていて、殆どの人は富田新道を選択します。
唐松谷に入ってから、人通りの多くなるブナ坂(石尾根の稜線)に出るまで、出合ったのはカモシカだけでした。

沢に沿って登る時間は全体(唐松谷コースに入ってからブナ坂に出るまで)の7割くらいを締めていて、桟道が頻繁に出てきます。

ここは橋自体が壊れている上に濡れて滑りやすく、慎重に通過しました。
沢の左岸をずっと歩き続け、左側が崖になって切れ落ちているところも多く、高度感があります。
隣の富田新道に比較すれば、やはり悪路と言わざるを得ないでしょう。
案内によればこのコースは、10月15日から11月7日の間に橋の架け替え等を行うとのことで、今よりは整備されるでしょう・・・・一番荒れている時かも!

途中で支沢を1つ渡ります。

この日は薄暗く霞んでいて、晴れの日よりも幽玄(?)な雰囲気がありました。


本流を渡ると道はすぐに沢から離れます。この画像は、橋を渡り終えて振り返ったところ。

ブナ坂まで時間的には残り3割くらいでしょうが、傾斜が増し高度を上げて行きます。
谷筋の歩行を終えてしまえば非常にいい道です・・・・段差も少なく鴨沢コースにも比較できるくらい。

ブナ坂の標識が見えてきました。
この先、雲取山頂までは奥多摩の登山道でもメインストリートのようなものです。
山ボーイに山ガール、小学生、かなりくたびれたおっさん(我輩ではありません)・・・・なんと自転車まで通りました。

奥多摩小屋を通過・・・・広いキャンプ地、ヘリポートもあります。少し下れば豊富な水場も。

僅かの時間ですが雲取山に近づくと晴れ間も出てきました。

山頂付近と避難小屋
山頂で軽く昼食後、下山開始。

小雲取山まで戻って、富田新道(野陣尾根)に入ります。
初めは整った唐松林で、足元は丈の低い笹原です。

野陣の頭(小ピーク)を越えると道は下る一方で、針葉樹の大木が目立つ森です。
やや倒木が多いような・・・・森も疲れてきているんでしょうか(?)。


しだいにブナが目立つようになってきました。
カラッとしたお天気ではないだけに、深々とした森の雰囲気が伝わってきます。


富田新道は唐松谷と違って、1歩や2歩間違えても谷底へまっしぐらというようなところはありません
(・・・・転べばどこでも骨折くらいはやむを得ないでしょうが)

一休みしようかと思い始めた頃、斜面は傾斜を増し、つづら折れの道に変わってきました。
地面に露出したブナの根っこに座って菓子パンを・・・・
考えてみると、富田新道の下りでも出会ったのは1人のみ・・・・静かな山歩きですが、この森には相応しい気がします。
余分な水を捨て、荷物を軽くしました。

沢音が少しづつ大きくなってきて、登りの時に通過した唐松谷林道への分岐に到着。

さらに下って吊橋を越え、林道へ出た時は3時・・・・ここから約1時間。
帰りの林道ではショベルカーが作業中でした。
-----

0 件のコメント:

コメントを投稿