2012年10月30日火曜日

茅が岳・金が岳

2012/10/21
   (画像をクリックすると拡大表示されます)
-----
[標高] 茅が岳 1704m、 金が岳 1764m  
-----
[標準コースタイム]
駐車場-(1:20)-女岩-(1:00)-茅が岳山頂-(1:00)-金が岳-(0:50)-茅が岳山頂-(1:40)-駐車場
-----
[実際の時刻]
駐車場(6:50)-車道(7:15)-女岩(7:50)-稜線(8:30)-茅が岳山頂(8:55)-石門(9:15)-金が岳南峰(9:40)-金が岳(10:00)-茅が岳山頂(11:00)-駐車場(12:35)
-----
写真は茅が岳の無料駐車場・・・・奥に見える道路を右へずっと走ると韮崎ICまで通じています。
広いスペースでトイレもあります。
車内で一休みしていると、いつの間にか駐車場の係員のような方も見かけるようになりました。
案内に従って歩き出すとすぐに標識があり右へ・・・・左へ行くとすぐに深田公園。
暫らくは林道歩きですが、間もなく道幅は狭くなり、通れるのは2輪車くらいの道になります。
舗装道路を横断・・・・このへんは坂道というほどの傾斜も無いくらいです。
帰りはこの舗装道路の(向かって)左側から戻ってきました。
意外に長い林道歩きです・・・・1時間近く歩いてから女岩の根元に到着。
ガイドブックではこの先に水場があると書かれていましたが、落石が多いので50メートル手前で通せんぼ状態です。
ここからは右へ回り込んで、岩のゴロゴロした急斜面を登ります。
その後は緑が鮮やかになり大木も目立ってきました。


尾根に出たところの標識。

北側が開けて金峰山方面が見えます。

日当たりが良くなり、まわりの紅葉も進んでいます。
富士山も見えてきましたが、今日の大気はかなり霞んでいてカメラに写るにはちょっと苦しい。

間もなく頂上に到着。方位盤が置かれています。
南アルプス方面は甲斐駒ケ岳と鳳凰三山が正面に見え、北岳や仙丈ケ岳が白くなった頭を僅かに覗かせています。

間近には金が岳、その左奥に八ヶ岳

ここから金が岳へは一旦急降下です。

下りきったあたりも白樺とダケカンバの紅葉が綺麗でした。


登りに転じるとすぐに石門が出てきます。

さらに少し先には大岩の展望台があり、登ってみると茅が岳がすっきりと見えていました。

金が岳の山頂は南峰と北峰(最高点)に分かれていて、南峰までの登りが厳しく、その後北峰まではすぐです。
南峰からは観音峠への道が分岐しますが、道が悪いとのことで注意書きがありました。

金が岳山頂
山頂からの眺めは茅が岳ほどではありませんが、ここまでの道は変化があってオススメです。
時間に余裕があるので帰りはゆっくり。

茅が岳山頂からは、防火帯を歩くコースを選択・・・・少し下ると千本桜方面への道を分けます。
日当たりの良い斜面です。

防火帯は40分くらい歩いてから出て来ました。

ススキが伸びて綺麗ですが、山火事が発生したら良く燃えそうな防火帯です。

ほぼ直線状に下り、柵に突き当たって左に折れるとすぐに舗装道路に出ました。
登りの時に横断した地点まで歩き、朝来た道に合流。
-----

0 件のコメント:

コメントを投稿