2013年3月30日土曜日

仏果山(丹沢)

2013/03/20 (春分の日)  (画像をクリックすると拡大表示されます)  
---
[標高] 仏果山 747m
---
[標準コースタイム]
大棚沢広場-(1:00)-宮ケ瀬越-(0:20)-仏果山頂-(0:40)-経ケ岳方面分岐-(0:35)-土山峠-(0:30)-大棚沢駐車場  (土山峠・大棚沢広場間は実際に歩いた時間)
---
[実際の時刻]
大棚沢広場(11:35)-宮ケ瀬越(12:45)-仏果山頂(13:10)-革籠山(14:00)-経ケ岳方面分岐(14:15)-土山峠(バス道路)(14:55)-大棚沢広場(15:25)
---
宮ケ瀬湖畔の大棚沢広場に駐車・・・・宮ケ瀬ダムも近いところです。
駐車スペースは小さめですが、周りに目ぼしいものも無く、ここで長居する車は登山者か釣り人くらいでしょう。
土山峠方面へ少し歩いたところにあるバス停兼登山口。

階段を登ってすぐに登山カード入れがあります。

ヒルについての注意書きもあり、ヒル撃退用のヤマビルファイターまで置いてあります。
このへんの3月ならばヒルにはまだ早い時期ですが、今年は既に夏日もあって寒暖の差が激しいので要注意かも。

始めは両側植林でしたが、20分ほどで右手には自然林が拡がってきました。

樅ノ木も目立ってきました。
作業用の道も多くありますが、その都度「登山道ではありません」との案内があり、丁寧に整備されています。

宮ケ瀬越に到着・・・・左は高取山方面(0.5キロ)、右が仏果山方面(0.7キロ)
付近はますます立派な樅ノ木が目立ちます。


5分ほど歩くと仏果山山頂部が見えてきました。
山頂の展望塔も確認できます。

冬が終わってあたりの木々も気のせいか忙しげに見えてきます。

まだ幼稚園くらいの子を連れた家族ともすれ違いました。

僅かの急傾斜を登って山頂
付近は休憩テーブルが沢山あって、「登山」というより「ハイキング」の雰囲気。

仏果山のいわれについての説明

展望塔からの高取山
この日は黄砂が観測されたとか・・・・そのせいか見通しはイマイチでした。
快晴だったら丹沢の山々と宮ケ瀬湖がさぞ素晴らしいでしょう。

展望塔の上は強風で揺れもあり、突風が心配なので降りて休憩。
山頂から土山峠(経ケ岳)方面に向かう道は痩せ尾根が続き、注意書きもあります。


隣に見えるピーク(画像)に向かう途中にやや長めの鎖とロープがありました。

無風ならば掴まる必要も無いくらいですが、強風の痩せ尾根では頼りになります。
その後も尾根は痩せ気味です・・・・標高自体はそれほど下がらない感じ。

20分くらいで休憩テーブルが出て来て痩せ尾根歩行はほぼ終了。
革籠石山の標識

標高をどんどん下げて土山峠への分岐に出ました。

低い割には意外に立派な自然林が続きます。


これから歩く予定の道路が下方に見えてきました。

土山峠への最後の下り

降りてきたのは土山峠バス停(県道64号)を少し東側に下ったところ。
ここから大棚沢広場まで約30分。
休日で交通量は多少ありますが、信号は無く渋滞も無し・・・・歩道も整っていました。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿