2013年7月14日日曜日

湯の丸山・烏帽子岳・角間山(1)

2013/07/14  (画像クリックで拡大表示)
湯の丸山から烏帽子岳へ
------
[標準コースタイム]
地蔵峠-(0:15)-湯の丸キャンプ場-(0:10)-つつじ平分岐-(0:15)-鐘分岐-(0:40)-湯の丸山-(0:30)-鞍部-(0:50)-烏帽子岳-(0:40)-鞍部-(0:50)-湯の丸山
---
[標高] 湯の丸山 2100m、 烏帽子岳 2066m
---
小諸ICで上信越道を降り県道94号を地蔵峠に向かいました・・・・20km弱の距離。
峠に到着すると、すぐ右手に広い無料駐車場があります。
車内で軽くおにぎりを食べてから歩行開始。

今日は湯の丸キャンプ場で一泊の予定なので、偵察を兼ねてキャンプ場経由で湯の丸山に登ることにしました。
キャンプ場への入口は、道路を挟んで駐車場と反対側にあり、案内によれば400mとのこと。
細い砂利道で、入口には車両通行止めのロープが張ってあるので、とりあえず徒歩で向かいます。
設営されているテントはそれほど多く無く、早めの場所確保などは不要のようです。

キャンプ場を素通りして奥へ進むと、烏帽子岳への案内があります。


左手にはキャンプ場に隣り合って臼窪湿原があります。
これはアヤメの咲く臼窪湿原からキャンプ場を見たところ(午後に撮影)


カラマツの整った森を10分ほど歩いてつつじ平方面と烏帽子岳方面の分岐に出ました。
立っている新旧の案内を比べると、目的地までの距離が少し違うようです。
湯の丸山にも登るので、右折してつつじ平方面へ。

さらに10分ほどで鐘のある分岐(つつじ平の上部)・・・・地蔵峠からの道と合流。


登るに連れて背後に展望が開けます。

上部にはシャクナゲやハクサンフウロが目立ってきます。


急傾斜や危険個所は無く家族連れでも安心でしょう。

湯の丸山頂付近では強風が吹きつけてきました。
これは山頂付近から、次に目指す烏帽子岳。


烏帽子岳へは石のガラガラした下り・・・・意外に長い下りで傾斜も少し急。

ヤマオダマキも見かけます。

目の前の烏帽子岳が次第に高くなって行きます。
「もう下りはいいんじゃないか」と思う頃、傾斜が緩んできて最低鞍部に到着。
先ほどのキャンプ場からも直接ここへ巻き道が通じています。
ここから道は烏帽子に向かって左斜め方向に登っています。

振り返って見る湯の丸山はこちらから見ても丸い形。


稜線に出た地点から烏帽子山頂方面・・・・写真の小ピークは山頂ではなく、その手前のもの。

稜線上にもアヤメが目立ちます・・・・先ほどの小ピークから烏帽子山頂を見たところ。

山頂まで往復して、先ほどの最低鞍部まで戻ったところで、カミサンとは別行動としました。
吾輩はこれから湯の丸山を登り返して角間山方面へ。
カミサンはキャンプ場へ向かう巻き道に入ります・・・・この道は平坦なようです。
吾輩が角間山に登っている間に、キャンプ場の予約をし、駐車場近くのホテルでゆったりと入浴したとか。

ちなみに、予約をすればキャンプ場まで車の乗入れ可(・・・・テントサイトは車から離れています)

---

0 件のコメント:

コメントを投稿