2013年8月18日日曜日

アサヨ峰・早川尾根縦走(2) (南アルプス)

2013/08/17-18  (画像クリックで拡大表示)

(2日目)早川尾根小屋からアサヨ峰、北沢峠    (1日目へ)
---
[標準コースタイム]
広河原-(0:15)-白鳳峠入口-(3:20)-白鳳峠-(1:00)-広河原峠-(0:40)-早川尾根小屋-(3:00)-アサヨ峰-(1:00)-栗沢山-(1:00)-仙水峠-(0:30)-仙水小屋-(0:25)-北沢駒仙小屋-(0:15)-北沢峠バス停
---
[実際の時刻]
早川尾根小屋(5:35)-アサヨ峰(8:00)-栗沢山(9:10)-仙水峠(10:45)-仙水小屋(11:35)-北沢駒仙小屋(12:00)-北沢峠バス停(12:20)
---
[標高] アサヨ峰 2799m  栗沢山 2714m 
---
翌日は5時前に起きて荷物整理。
今回、ガスコンロは持参していないので、食事は買ったものばかりで間に合わせています。
テント、フライは夜露でびしょ濡れですが強引に詰め込んで荷造り。
デジカメの予備電池が最後まで見つからず、諦めかけたところで発見!
歩行開始は5時半。
早川尾根の頭方面に少し登って振り返って見る北岳・・・・笠を被っていました。

トリカブトがもう咲いています。

登るにつれて北岳の笠雲は取れてゆくようです。

小ピークを幾つか越えてのアップダウンが続き、樹林帯のきつい登りもありますが、特に危険個所は無し。
ハイマツ帯に出ると樹間から見え隠れしていた甲斐駒ケ岳が登場。
背後には富士山もうっすらと見えます。
人通りが少なめのせいか、高所では伸びたハイマツが足の動きを妨げます。
足は強引に前に運びますが、杖の移動が煩わしいので昔の兵隊のように肩にかけて歩行。

アサヨ峰と重なっている手前のピークがミヨシの頭でしょうか。

ミヨシの頭近くから振り返って鳳凰三山と富士山

近づいた甲斐駒に朝日があたって岩肌がくっきりと見えています。


ミヨシの頭を越えると、アサヨ峰の全体が見えてきました。
アサヨミネ・・・・名前はイマイチですが、東西南北を名山に囲まれてなかなか贅沢な山です!

アサヨ峰山頂からの北岳(アップで)
こちらは仙丈ケ岳

仙水峠方面(右)に方向を変えると、栗沢山までゴツゴツした岩の上を歩くようになります。

約1時間で栗沢山(2714)に到着
ここで長めの休憩。
天気がいいのでびしょ濡れのテントを取り出して乾かしました。

仙水峠への下りは急降下・・・・特に上部は驚くような角度で下降しているので要注意!

少し下って甲斐駒を見上げると、摩利支天峰の存在感が大きくなって来ました。


仙水峠に到着・・・・摩利支天がさらに巨大化!
甲斐駒はずっと以前にテントを担いで黒戸尾根を往復しただけで、こちらからは見るのも初めてです。
これは甲斐駒を背にして仙丈ケ岳方面(これから下る方向)
仙水峠からの下りは打って変わって緩やかで、白鳳峠と同じように石がゴロゴロしています。
樹林帯に入ってのんびり下ってゆくと森の中にテントが見えてきて仙水小屋に到着。

流れに沿った道をさらに下って北沢駒仙小屋に到着。
河原には沢山のテントが張られています。

北沢峠発のバス停までは15分・・・・次のバス便は時刻表によれば1時30分。
待ち時間があるなと思いながらもバス停に行ってみると臨時便が出ていてすぐに乗車。
広河原に着くと甲府行きバスが待機していて間もなく発車・・・・予定時間を大幅短縮。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿