2013年9月21日土曜日

上高地・涸沢岳・蝶が岳 (1)

2013/09/21 - 23  (画像クリックで拡大表示) 

3日間のルート  上高地 - 涸沢(泊) - 涸沢岳 - 涸沢 - 横尾(泊) - 蝶が岳 - 横尾 - 上高地
---
1日目・・・・・上高地から涸沢まで      [2日目へ]     [3日目へ]
---
[標準コースタイム]           
バスターミナル-(0:30)- 田代池-(1:30)-明神池-(1:00)-徳沢-(1:10)-横尾-(3:00)-涸沢(キャンプ)
----
横浜の我が家を、夜12時頃息子といっしょに出発しました。
朝5時くらいに沢渡(サワンド)駐車場に到着・・・・マイカー規制のため、この先上高地まではバスかタクシーです。
明るくなるのを待ちながら車内で軽い朝食。
荷物整理して歩き出すと、すぐにタクシー相乗りのお誘いがあったので承諾 (料金はバス並み)
AM7時前に着いて時間に余裕があるので、バスターミナルから梓川沿いを逆方向へ歩き田代池付近を散策(・・・・大荷物を背負ったまま!)
案内板によると大正4年頃の田代池は、最深部の深さが5メートルもあって舟が浮かんだそうですが、今は湿原状態。

梓川の河原から穂高岳方面

田代橋まで戻り、梓川の西岸を明神池方面に向かいます。
ホテルを2軒ほど過ぎると川沿い(と言っても梓川の本流ではなく小さな流れ)にウォルターウェストンのレリーフがあります。
ウェストンは宣教師として来日した人ですが、日本アルプスを世界に紹介し、明神池の主だった上條嘉門次などと同行した記録が本になっています。
我輩もかなり以前に面白く読ませていただきました。
読後に浮かんだ素朴な疑問・・・・この人、本当にちゃんと宣教して行ったんだろうか?

河童橋に到着・・・・あちこちの雑誌やパンフレットで見かける有名な眺め。

河童橋以北も梓川西岸へ・・・・明神への案内に従って小路に入ると、木道が出てきて澄んだ流れに沿って歩けます。

明神池は穂高神社の奥宮になっていて入場料300円

神社を出て明神橋からの明神岳

東に向かい、明神館で梓川東岸の道と合流します。
バスターミナルから横尾まで3時間の道を歩いても標高は100メートル上がる程度なので殆ど平坦な道です。
明神から1時間ほどで徳沢に到着
キャンプ場の周りには大木が多く、地面も水平で寝心地は良さそう。

さらに1時間ほどで横尾に到着・・・・明日はここでキャンプ予定。

大きな周辺地図がありました。

良く見るとトラブル発生の付箋紙も張りついています。
殆どは先月(8月)発生のもので、この1か月だけでも亡くなった方が何人もおられるようです。

ここで槍ヶ岳方面(直進)と穂高岳(涸沢へ左折)方面が分かれます。
横尾大橋を渡って涸沢へ。
しばらくは横尾谷に沿って傾斜の緩やかな道を行きます。

左前方には巨大な屏風岩・・・・時間帯によっては人が張り付いています。

1時間ほどで本谷橋に出て横尾谷を渡ります。

とても良く揺れる橋なので(!)、苦手な人のためにもう1つ、流れの部分だけに架けた揺れない橋も隣に用意されています・・・・洪水が来たら流されてしまうかも。

流れを渡ると急に傾斜が増してどんどん高度を上げます。
岩がゴロゴロして来ますが、人通りが多いだけに良く整備されて歩きやすい道です。

近づくに従って前穂高や奥穂高の山頂部が徐々に見えてきて、涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐に到着。
時間に余裕があると思っていたのに、ゆっくりし過ぎてキャンプ場に着いて申し込みを済ませたのが18時。
暗くなるのと競争しながらテントを張りました。
明日は軽荷で奥穂高岳に向かいます


0 件のコメント:

コメントを投稿