2013年9月22日日曜日

上高地・涸沢岳・蝶が岳 (2)

2013/09/21 - 23  (画像クリックで拡大表示)
     
3日間のルート 上高地-涸沢(泊)-涸沢岳-涸沢-横尾(泊)-蝶が岳-横尾-上高地
---
2日目・・・・・涸沢岳を往復して横尾へ      [1日目へ]     [3日目へ]
---
[標準コースタイム]
涸沢-(1:30)-尾根取付点-(1:20)-穂高岳山荘-(0:20)-涸沢岳-(0:15)-穂高岳山荘-(1:10)-尾根取付点-(1:00)-涸沢-(2:00)-横尾
---
[標高] 涸沢岳 3110m
---
先にひとこと・・・・なぜ奥穂高岳でも北穂高岳でもなく涸沢岳か?
実は当初の予定は奥穂高岳でしたが急遽変更して涸沢岳となりました・・・・詳しくは以下に記述。
----
朝5時半くらいの涸沢キャンプ場。

奥に石垣の積んであるところが涸沢ヒュッテ。
ポツリポツリと登って行く人が見えています。

今日の予定は奥穂高岳のつもりですが、戻ってからテントを撤収して横尾まで移動します。
我が家(テント)は北穂高寄りで涸沢小屋の近くに設営しています。

テントから涸沢小屋と北穂高方面を見上げたところ。

奥穂高に向かう道は涸沢小屋からと涸沢ヒュッテ側からの2本あり、少し登ってから合流します。
テントの位置からは涸沢小屋の方がずっと近いのですが、一旦涸沢ヒュッテ(キャンプの申し込み先)まで下りて、水を補給してから登り始めます。

少し登ってキャンプ場を見下ろしたところ。
 右端に涸沢ヒュッテの屋根が見えています。

涸沢岳(右側)と奥穂高岳を見上げたところ。
 中間の窪みが白出(シラダシ)のコルで穂高岳山荘があります(標高2996m)
白出のコルに向かって下から伸びる小尾根(ザイテングラート)が登山ルートで、それまでは写真手前のような石、岩、砂利の道を登ります。

キャンプ場からの歩き始めは岩がゴロゴロしていますが、ザイテングラート近くになるとザラザラと滑りやすい斜面になります。

さらに近づいたところ
 手前の斜面には僅かに花が咲いていますが、この下の辺りにはナナカマドが多く紅葉が始まっていました。

小尾根の上に出たところからの眺め
 キャンプ場からルートは大きく左側に円を描いてこの尾根に近づいているのが分かります。
平坦な道に見えますが、ずっと登り続けていて、途中で息を切らしている人も見かけます。

前穂高岳方面・・・・よくゴジラの背中にたとえられる尾根です。

ところで朝8時を過ぎてこの小尾根を登る途中から渋滞が始まりました。
都会でもないのにここでも渋滞とは・・・・!

途中に小さな鎖場があり、登り下りの譲り合いと慣れない人がいるため発生しているようです。
脇道を選びながら登ることもできますが、ルート以外ではうっかり石を落とすこともあるし、大勢の人なのでここはじっと我慢の子です。

白出のコルまであと20分のところで、穂高岳山荘からヘリコプターが飛び立って行きました。
北穂高岳の上を飛ぶ様子

やっと到着
 手前の岩峰に遮られて奥穂高山頂は見えません・・・・代わりに見えるのは沢山の人・・・・この先も渋滞。

小屋の壁には沢山のザックが立てかけてあります・・・・荷物を置いて山頂往復して来るようです。
我輩も20分ほど並んでみましたが殆ど動かず・・・・寒くなってきました。

しびれを切らして、行き先を隣の涸沢岳に変更。
こんなに高いところまで来ての行先変更は我輩も初めてです。

奥穂高岳目指して初めて登った人は、気軽に変更するわけにも行かないでしょうが、幸いにもこのへんは若い頃歩いているので、涸沢岳南斜面は危険が少ないことは承知しています。
そろそろこの辺にも○○庁のポスターが必要でしょうか・・・・「何度か登っていて余裕のある方は時差通勤に心がけましょう・・・・!」

ちなみに涸沢岳は標高3110で、北穂高の3106を4メートル超えています。
眺めも抜群です。
涸沢岳山頂から槍ヶ岳方面の眺め。


穂高岳山荘と奥穂高岳山頂部、右のピークはジャンダルム

槍ヶ岳・大キレット間をアップで

 右後方にはうっすらと針ノ木岳や蓮華岳も。

笠が岳方面

かすかに富士山や南アルプスの3000メートル峰も南部まで確認できました。

もともとの予定が奥穂高往復だったので、これから北穂高を周って下山するだけの気力はありません。
涸沢岳山頂~北穂高岳間は険しいところもあります。
昼食後充分に休んだ後、渋滞に巻き込まれない時を見計らって下山開始。

帰りはゆっくりと紅葉を眺めながら下りました。



この日は自由行動で息子とは別に動きましたが、合流してテントを撤収し、横尾に向かいます。

明日は横尾を拠点に蝶が岳へ。
---
1日目:上高地から涸沢までへ」 「3日目:横尾から蝶が岳往復して上高地」へ

0 件のコメント:

コメントを投稿