2013年11月2日土曜日

蕎麦粒山 (奥多摩)

2013/11/02  (画像クリックで拡大表示)       
---
[標準コースタイム]
川乗橋バス停-(2:00)-笙ノ岩山-(1:45)-蕎麦粒山頂-(1:20)-一杯水非難小屋-(1:40)-東日原バス停
---
[標高] 蕎麦粒山 1473m
---
奥多摩駅に7:17着。
文化の日を含む三連休で、駅前は沢山のバス待ち客が並んでいます。
増発便のバスに乗り川乗橋で下車。
川苔山方面へ少し歩くと、林道がカーブするところに蕎麦粒山への小さな案内があります。
鳥屋戸尾根(トヤドオネ)経由で蕎麦粒山に登るルートで、途中に道標は殆ど無く一般コースとはされていないようです。
水源巡視道ですが、ほかに蕎麦粒山への手ごろな(?)コースが見当たらないので時々利用しています。
このルートについて、あくまでも個人的なコメントですが・・・・、
1.道標が無く、別の巡視道なども交差したりするので迷い安い。
2.まともに歩いている限り、川苔山のような谷筋の道は無く、この点では寧ろ川苔山より安全。
3.片側どちらかは植林というパターンが多い。
4.アキレス腱にこたえるような急傾斜が時々出てくる(手を使う必要は無い)

歩き始めるとすぐに植林帯の登りです。
非常に良く整った植林で、始めのうちは樅ノ木も所々に見かけます。

30分くらい登ると自然林が出てきますが、傾斜は急になります。

笙ノ岩山近くまでは登りっぱなし(時々は平坦な地面もあり)
ペースによりますが、始めの2時間くらいは忍耐の道です。
笙ノ岩山には簡単な山頂標識があるものの、ピークというほどの存在感は無く巻き道も有ります。
ここで一休みしておにぎりを・・・・
笙ノ岩山から少しまとまった下りになります。
その後はアップダウンの繰り返し・・・・と言っても、アップが多くダウンは少なめ!

松林の斜面も出てきます。
本仁田山と川苔山の眺めが良いところですが、今回は霞んでいて殆ど見えず。

その後、片側植林ながらも尾根の西側はブナの大木を交えて見ごたえのある紅葉が展開していました。



大きな倒木を越えると間もなく一杯水避難小屋へ通じる縦走路にぶつかります。

十字路になっていますがそのまま直進して蕎麦粒山への最後の登り。

蕎麦粒山頂到着
軽く休憩、腹ごしらえの後、一杯水避難小屋方面へ下ります。

上部は既に葉が落ちていますが、少し下ると紅葉は見頃でした。
縦走路に合流し敷き詰められた落ち葉の道を歩きます。


一杯水に近づくと紅葉の色合いが薄れてきて、代わりにブナの大木が目立ってきます。


今日の一杯水の水量は多め。

すぐに避難小屋到着・・・・明るい色に塗り替えられています。

長沢背稜の途中から回り込んで、できれば三ツドッケにも登るつもりで、酉谷山方面へ足を延ばしました。
(三ツドッケには避難小屋の裏手からも登れます)

小川谷側の紅葉もきれいです


まだ歩きたいところですが時間が気になります。
16時くらいには下り終えるとしてこの先を計算すると、三ツドッケを廻るにはやや時間不足!
諦めて途中で引き返しました。

三連休のせいか、大荷物を背負って長沢背稜を歩く人にも何人か出会いました・・・・今日は酉谷避難小屋あたりで一泊でしょう。

一杯水避難小屋まで戻って、東日原方面への尾根を下ります(ヨコスズ尾根)。
この道も大木が目立ちます。


滝入の峰を前にして尾根道は斜面の巻き道に変わります。

10分弱くらいで片側植林の道になります・・・・左は薄暗く右上は整った木立の紅葉が見事!

さらに植林の中を下り続け、水道局の施設に出ます。

車道が交差しますが真っ直ぐ下って、間もなく東日原の駐在所近くの道路へ。
バス停は左方向へ僅かです。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿