2013年11月4日月曜日

御前山 (奥多摩)

2013/11/04  (画像クリックで拡大表示)  
[標準コースタイム]
奥多摩湖-(1:00)-サス沢山-(1:35)-惣岳山-(0:20)-御前山-(0:15)-惣岳山-(0:35)-小河内峠-(0:45)-奥多摩湖(いこいの路と合流)-(0:45)-小河内ダム
---
[標高] 御前山 1405m
---
奥多摩湖で小河内ダムを渡って対岸へ
この写真は渡り終えたところ。 

御前山への登山口は渡り終えて園地を左方向ですが、軽く周辺を一回りしてみました。
閉鎖されることが多い「いこいの路」は今日は解放されています・・・・何気なく確認しておいたおかげで後で助かりました。
園地のはずれに立っている展望広場と御前山への案内

園地を過ぎて登山道に入ると、すぐに急傾斜の登りです。

10分くらい登ると早々とロープも出てきます・・・・2本足でもなんとかなりますが。
植林が出てくると間もなく急傾斜は終わりです。

登り始めて1時間くらいでサス沢山に到着・・・・金網で囲われた何かの施設(?)があり、奥多摩湖が見えています。


植林帯が切れると落ち葉の重なった道をサクサクと登ります。
サス沢山から1時間くらいで、防火帯の広く切られた尾根に到着

この先は防火帯に沿って登ります・・・・紅葉の綺麗な道です。


眼下には時々奥多摩湖が見えます。

途中の急斜面で雨・・・・とりあえずは傘をさして対応。
木の葉に当たる雨音は大きいですが、実際にはそれほどでも・・・。

途中で傾斜が緩んで一息ついたあと、短い急傾斜を登って惣岳山頂に到着

菓子パンを1個取り出して立ち食いしている間に雨は殆ど止みました。
標識によれば御前山山頂まで0.6キロ・・・・僅かに下ってから登り返します。

この辺はカタクリの群生地で、道の両脇がロープで保護されています。

下山ルートに予定していた体験の森への道は台風の影響で閉鎖中!
[画]3510拡大

殆ど山頂近くにある展望台から川苔山方面の眺め。
御前山山頂は眺めが殆ど無いのでここが一番の展望台でしょう。

山頂到着

おにぎりを1つだけ食べて腹ごしらえ。
予定の下山ルートが閉鎖中なので、南側に少し下って避難小屋を通過するルートへ行ってみました。
ところがなんとこちらも閉鎖!・・・・考えてみれば、こちらも体験の森を通ります。
避難小屋と体験の森案内図
(クリックすると拡大)
さてどうするか・・・・?
オオダワに下りるルートもありますが、行程が長い上に車道歩きが多いので気が進みません。
小河内峠への道も紅葉が綺麗だったのを思い出して行ってみることにしました。
小河内峠から下って奥多摩湖畔のいこいの路と合流できます・・・・いこいの路が通れることは今朝確認済。

惣岳山まで戻って小河内峠方面へ・・・・標識によれば1.7キロ。
こちらも防火帯の道です。
防火帯の傾斜が急なところは森の中を迂回しています。

時々、視界が悪くなります。


小河内峠に到着
左の植林帯に入る道は、桧原村藤原バス停へ3.3キロとのこと。

さらにほんの少し先で道が2分して、左は月夜見第二駐車場へ、右は奥多摩湖へ。
車利用の場合、御前山へは月夜見第二駐車場からが最短でしょう。
ここは奥多摩湖へ。

この先も防火帯に沿った下りで時々小さな案内が出ています。
時々防火帯を外れますが、道なりに行くと右も左も奥多摩湖への標識が出てきました・・・・右へ

この先は急降下で一気に湖面近くまで下ります。
水久保沢の音がだんだん大きくなって流れに出ました。

沢沿いに少し下ってすぐにいこいの路に合流

道幅も広くなって湖面を見ながらゆっくりと小河内ダムへ
いこいの路に入ってからは、カメラマンや犬を連れた散歩の人にも会いました。
---
 

0 件のコメント:

コメントを投稿