2013年12月14日土曜日

位牌岳 (愛鷹)

2013/12/14  (画像クリックで拡大表示) 
[標準コースタイム]
長泉町森林公園-(0:30)-池ノ平-(2:00)-愛鷹山方面分岐-(0:20)-位牌岳-(0:15)-愛鷹山方面分岐-(0:50)-つるべ落としの滝-(1:00)-池ノ平-(0:25)-長泉町森林公園
---
[標高] 位牌岳 1458m
---
長泉町森林公園の駐車場に車を置きました。
歩行開始は8時半くらい・・・・この時点で駐車台数は我輩の1台のみ。
下山してきたのは15時半頃で駐車台数は3台。
---
位牌岳は愛鷹山塊中の一峰で、丹沢側から見ると双耳峰のように見えていますが、その左の耳に当たるのが位牌岳、右の耳に当たるのは最高峰の越前岳(1504m)
愛鷹山というと愛鷹山塊を指すことが多く、愛鷹山というピークもありますが標高は低く1188m。

森林公園の案内図には「位牌岳」という名前は見当たらず、とりあえずは「展望台」を経て「池ノ平」を目指します。

20分くらい植林の中を登って展望台に到着

展望台からは密集した笹の斜面を切り開いた道です・・・・登山道やハイキングコースとしては道幅が広すぎるので防火帯を兼ねているのかも。

池ノ平に到着・・・・駿河湾と愛鷹山の稜線が良く見えています。

左から愛鷹山、馬場平、袴腰(はかまごし)岳

ここには「つるべ落としの滝ハイキングコース」案内があり、位牌岳の表示もついでに(!)出てきます。

池ノ平を過ぎて狭い道幅になり、林道への分岐を右に見て進むと、位牌岳4.9キロと書かれた案内に出ます。

相変わらず両側は笹の密集した道。

ブナの大木も目立ってきます。
急斜面を交えて30分くらい登ると、傾斜が緩んで愛鷹山・袴腰岳方面の眺めが良くなってきました。

さらに開けて御殿場・丹沢方面も見えてきます。

富士山の白い頭も出てきますが、足元は左右とも切れ落ちて痩せ尾根注意区間です。
見ごたえのある冬木立。
危険個所にはロープ・・・・確保用ではなく単に注意喚起用(?)

痩せ尾根帯を通過するとブナの大木が目立ってきますが、その殆どは疲れ気味。
より都心に近い丹沢あたりでもこれほどひどくはないような!

そのうちにブナの墓場のようなところに出ました。
倒れて久しいものが多く土に帰りつつあります。

この状況を前に「ブナ定点観測」という表示があちこちあるのは随分呑気に見えてきます。

再び傾斜が増して大木が目立ち始めたあたりで一休み・・・・というか寒いので1枚着込んで、燃料のおにぎりを1個充填。

つるべ落としの滝への分岐・・・・帰りはここを下る予定。

傾斜が増してきて位牌岳・袴腰岳間の稜線に到着・・・・稜線の西側は切れ落ちた急斜面で寒風が吹きつけてきました。

直下から見る位牌岳山頂部

到着・・・・先客が2人いました。

越前岳と富士山

寒いので少し下ってから休憩することにして早々に引き返し。
つるべ落としの滝方面へ。

明るい沢筋・・・・と言っても流れは無く地面が少し窪んでいる程度・・・・に沿っての下りです。

道筋明瞭というほどではなく、時々あたりを見回して方向確認しますが、案内は頻繁に立っています。
滝近くなると山腹を少し巻いた後に、階段が出てきて急降下。
到着!・・・・流れ落ちる水は無く、僅かにつららが下がっている程度・・・・始めから分かってました(負け惜しみではなくて)

水が落ちるサマを想像しながら岩だけ見て休憩

この先は山腹を巻きながらの明瞭な道になり、植林帯なども通過。
笹や冬木立が光を浴びて綺麗なところも・・・・


その後は池ノ平を経て同じ道を駐車場へ。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿