2014年1月5日日曜日

高柄山

2014/01/05  (画像クリックで拡大表示)
[標準コースタイム]
中央線四方津駅-(0:30)-河合峠-(1:20)-大丸-(0:40)-千足峠-(0:20)-高柄山-(0:40)-新矢ノ根峠-(1:30)-鶴鉱泉-(0:30)-上野原駅
---
[標高] 高柄山 733m
---
これは中央線四方津駅前にあった案内・・・主要地点の標高も出ています。

駅を出ると、左方向に下ってゆく道があり線路をくぐって反対側へ。
民家の間を下って桂川を渡ると道は登り始めます。

道案内は頻繁に立っています。
少し高度を上げて振り返ると甲州街道(20号線)の向こう(北側)に権現山や扇山が見えます。

駅から30分弱くらいで舗装道路を終えて山道へ(写真右へ)

落葉が多い時期で道の凹凸が読めません。
重なり合った落葉自体も滑ります。
樹間からは薄く雪化粧した大菩薩の繋がり、反対側には目指す高柄山が見え隠れしています。
良く踏まれた道のようです。

時々道端に沢山のドングリ

歩き始めて1時間20分くらいで、工事されて間もないような林道が見えてきました。

林道に沿った登山道脇の不思議な休憩所。

近くには矢平山、遠くには三角頭の倉岳山

ここもなんとなく不思議な配置の休憩所・・・・林道を横断。

大丸山頂を通過

標識部分をアップで撮ると
この辺は地図を見るとややこしいので、地図は見ないことにして標識の示す方向へ。

再度、林道を横断。

高柄山頂はほぼ水平方向にあってすぐ着きそうなのに、アップダウンを繰り返してなかなか着きません。
植林帯の通過も頻繁ですが、自然林の冬木立もきれいです。

千足峠を通過・・・・四方津駅への道が分岐。

やっと山頂到着!

奥多摩の三頭山(左)と御前山方面を少しアップで

生藤山(左)と陣馬山方面

食事休憩後、上野原方面に下ります。
急傾斜ですが冬木立が見事。


滑り止め用のトラロープは沢山出てきます。

まとまった下りを終えて振り返ったところ

新矢野根峠の休憩所。

ここからは、あまり踏まれていない感じの道を下ります。
ゴルフ場ができた時に変更された道のようです。
・・・・下り切って、流れがあるのか無いのか分からないすっきりしない沢(?)を渡ります。

沢に沿って少し進むと今度は急上昇。
「ここまで来てまた登るのか!」・・・・前回通った時の記憶が蘇りました。

忍耐してこのピークをほぼ登り切ったところで、さらに大きな御前山が見えてきますが、幸いにも巻き道があります。

もちろん御前山を越えても行けます・・・・まっすぐが御前山。

巻き道に入ると意外に道が悪く、ここにもトラロープなどが沢山張られています。
以前歩いた時は、こんなに悪くは無かったような・・・・!

大木は見かけませんが沢筋の冬木立がきれいです。

右手に堰堤が見えてくるとそろそろ林道に出ます。
さらに5分くらいで民家が見えてきました。
---
手持ち地図でコースタイムを調べると、登りも下りも所要時間は同じで2時間40分。
この標高で5時間以上かかるのは珍しいほうです・・・・小刻みなアップダウンで体力消耗します。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿