2014年4月27日日曜日

倉岳山・高畑山 

2014/04/27  (画像クリックすると拡大表示します)    
[標準コースタイム]
梁川駅-(0:25)-登山口-(1:15)-立野峠-(0:35)-倉岳山頂-(0:20)-穴路峠-(0:35)-高畑山頂-(1:00)-オシノ沢-(0:25)-小篠貯水池-(0:30)-鳥沢駅
---
[標高] 倉岳山 990m    高畑山 982m
---
この日の早朝、目が覚めると何故か倉岳山を思い浮かべたので、大急ぎで用意して出発。
考えてみると、このところ冬場に登ることが多く、新緑の時期はご無沙汰しています。
(コースは2013/01の時と殆ど同じなので簡単に書きます)
中央線梁川駅に7時半頃到着。
駅を出て甲州街道を横断し、桂川にかかる梁川大橋を渡ります。
橋から見下ろす新緑が鮮やかです。


登りになって道が分かれますがここは下の道を行きます。
登山口に到着・・・・ここから山道。

少しすすむと沢が出てきます。

時々枝沢を渡ったりしながら、本流と思われるやや幅のある沢に沿って登るようになると、巨木・大木が出てきます。
たぶんこのコース中では最も大きいトチノキ
対岸にありますが、ひときわ大きさが目立っています。

今年冬の大雪で残雪があちこちにありました・・・・例年は殆ど無し。
倒木も目立ちます。

水場に到着
立札には飲料水ではないとあります。
すぐ上には休憩用の椅子もあるので一休み。

水場を過ぎると植林帯となって一気に高度を稼ぎます。
水の流れと離れ、今日は風も無く静寂のひと時!

明るくなって立野峠に到着
右側の暗いところから登ってきました。

この先も植林帯はありますが、新緑の道が多くなります。
左手には樹間から富士山。

これは高畑山方面

倉岳山の山頂近くは急傾斜で、コース中では一番疲れるところ。
倉岳山頂到着・・・・白い富士山がしっかり見えていました。

道志方面(南)

木の根本に座り込んで菓子パンを1個・・・・昼食のつもりです。
下りも始めのうちはやや滑りやすい急降下。

大きな株は見当たりませんが、時々ヤシオツツジが咲いています。

穴路峠に到着
ここから北(右)に向かうと、鳥沢駅に下れます。

峠を直進して天神山まで登り返したところから北の眺め。

高畑山頂まではさらにひと登り

登りの途中から見た倉岳山

高畑山頂に到着・・・・富士山には少し雲がかかってきました。

山頂付近は賑やかなグループがいるし、長居するつもりも無いので、早々に下山開始。
(よまいごと・・・・山頂標識付近はいろんな人が写真を撮ったりするので、空けておくのが礼儀)
北側斜面を下ります。
暗い植林帯の下りが記憶にありましたが、予想外に木立が綺麗です。


途中で蛇(ジムグリ)に出会いました。
新緑の樹間から倉岳山

沢音が聞こえてきて、穴路峠からの登山道に合流。
石仏の置かれたT字路で、ここからは沢(オシノ沢)に沿って下ります。

途中、我輩の背丈と同じくらいの青大将にも出会いました。

公園ふうに整備された小篠貯水池で休憩し、おにぎりを1個
その後すぐに民家が出てきます。
以前よりも案内の標識が増えて分かりやすくなったような(?)。
鳥沢駅へは遠回りしているので、予想外に長い距離があります。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿