2014年5月3日土曜日

万三郎岳、 万二郎岳 (伊豆天城山)

2014/05/03  (画像クリックすると拡大表示します)    
[標準コースタイム]
伊豆高原駐車場-(0:15)-四辻-(0:55)-万二郎岳-(1:10)-万三郎岳-(0:20)-小岳-(0:45)-戸塚峠-(0:10)-東皮小平-(0:15)-戸塚峠-(0:55)-小岳-(0:25)-万三郎岳-(0:45)-涸沢分岐-(0:55)-四辻-(0:15)-伊豆高原駐車場
---
[標高] 万三郎岳 1405m、 馬の背 1325m、万二郎岳 1299m
---
伊豆の天城山は今回が初めてです。
ゴルフ場前の伊豆高原駐車場に6時半到着(ハイカー用無料駐車場)
古いガイドには駐車台数10台とかの記述もありますが、今は100台近く停められるように拡張されていました。


ゴールデンウィークですが、この時点で70%は空き状態。

車内で朝食を済ませ、6時50分くらいに出発。  
これは万三郎岳山頂にあった案内図 (・・・・登山口にもありますが)
最近、標高が微妙に変更されているようです。

スタート地点が既に1040mあり、万二郎岳までの標高差は僅かです。
歩き始めは植林の森ですが、すぐにブナとアセビが出てきます。

15分ほど歩いて四辻・・・・ここから万二郎・万三郎岳までは周回コースで、殆どの人は左の尾根コースへ向かい、右のシャクナゲコースから戻ってくるようです。
我輩も素直に左へ。
沢の流れに沿った緩い傾斜です。

途中の涸れた沢を横断する時には、山頂稜線らしきものも見えました。
あたりは一面アセビの斜面・・・・アセビだらけと言ってもいいくらい。

沢から離れて傾斜が増し、足元にはスミレなども目立つようになると、間もなく万二郎岳に到着。
木々に遮られて眺めは無し。

万三郎岳側へ少し下った岩場に眺めの良いところがあります。
手前の緩やかで大きな山体は馬の背で、その向こうが万三郎岳。

富士山方面。咲いているのはマメザクラ。
一旦下ってから馬の背へ登り返し。
馬の背の登りから万二郎岳を振り返ったところ。
その左側(北側)には遠笠山
馬の背の稜線はなだらかでアセビが繁茂し、アセビのトンネルという名前付き。
樹間からの万三郎岳
少し下って石楠立(ハナタテ)を通過するとブナと石楠花が目立ってきました。
万三郎岳山頂直前の眺め・・・・左は遠笠山
山頂到着
かろうじて樹間から富士山が見えています。

特に休憩はとらずに写真だけ撮って通過。
すぐに八丁池方面と駐車場方面への分岐に出ます。
時刻はまだ9時半・・・・八丁池方面へ縦走路を歩いて見ることにしました。

少し下るとブナに混じってヒメシャラが急に多くなります。
ブナの林も見事!・・・・多少疲れ気味のブナが多いようですが。
下りきった片瀬峠には休憩の椅子があり一休み。
この先、緩く登った小岳手前にも休憩場所があります。

小岳への登り途中から万三郎岳方面。

「ヘビブナ」への標識が目についたので脇道へ・・・・縦走路から100mほど外れます。
珍しい形ですが、これでは大きくなるのは無理でしょう。

縦走路に戻って先に進むと、少し先で急降下・・・・帰りは登りになるのを気にしながらもどんどん下ります。
着いたところが戸塚峠

休憩していると、皮子平から登ってきたグループに声をかけられました。
「どちらへ?」
特に目的は無いことを伝えると、皮子平への道を薦められたので行ってみることに・・・・。

10分ほど下ったところが皮子平で、新緑の濃くなった平地をゆっくり散歩。

稜線はかなり風が出てきましたが、この辺はのどか。
案内図によると戸塚歩道という名前がついています。

どこまで行こうか?という思いも一区切りついたので、戻ることにしました。

万三郎岳の分岐から涸沢分岐方面へ。
この下りも急降下気味で、丸木の階段が沢山ありますが、一部は土が流れ落ちてハードル化しています。
膝の弱い人には厳しい箇所かも知れません。

涸沢分岐まで一気に標高を下げると、山腹を巻く道になります。
水平歩行が多くなりますが、石がゴロゴロしていて意外に足元注意。

四辻に近づくと、再びアセビの目立つ森を通過。
駐車場に戻ったのが3時10分前でした。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿