2014年5月11日日曜日

笹子雁が腹摺山、米沢山、お坊山

2014/05/11  (画像クリックすると拡大表示します)
[標準コースタイム]
笹子駅-(0:40)-雁が腹摺山登山口-(2:00)-雁が腹摺山-(1:20)-米沢山-(0:50)-お坊山-(0:50)-棚洞山-(0:35)-入道山-(1:10)-吉久保入口-(0:20)-笹子駅
---
[標高] 雁が腹摺山 1358m 、米沢山 1357m、お坊山(西峰) 1430m、お坊山(東峰) 1421m
---
このコースは何度か歩いていますが、雁が腹摺山以降の稜線歩きが、いつも爽やかな印象を与えてくれます。
去年の12月にも雁が腹摺山までは登ったものの、予想外の積雪で撤退しました。
過去いずれも寒い季節だったので、今回は新緑の時期を選択。

中央線笹子駅に下りたのが7:15頃。
これは駅前の地図(抜粋)と笹子トンネルの記念碑
(地図は上が南になっています)

駅を出て甲州街道を西へ・・・・緩い登り。
民家の庭先にはオダマキやツツジ、シャクナゲ、芝桜などが咲いています。

道が大きくカーブし、前方にトンネルが見えてきたところで、旧道へ。

その先、旧道が左へ折れるところに雁が腹摺山への案内が出てきます。

植林帯に入って間もなく道は傾斜を増します。

斜面を登って尾根に出たところにある鉄塔・・・・この先も殆どは左右どちらかが片側植林。

樹間からはこれから歩く稜線も見えています。

途中で僅かに水平歩行がありますが、殆ど登り一辺倒の道です。
暫く登って振り返ると、富士山も白い頭を覗かせます。

電波反射板を過ぎると間もなく頂上に到着。

富士山をアップで。

こちらは南アルプス北部

付近にはアカヤシオの花がまだ残っていました。
ここから旧笹子トンネルに下りる道もあります。

一休みして米沢山方面へ・・・・少し先から急降下

米沢山、お坊山のほかにも小ピークが幾つかあります。
左端が米沢山、右の高いのはたぶん門井沢の頭(手持ちの昭文社地図にはトクモリとあり)


途中に展望台のような岩があって甲州街道を見下ろせます。
手前は本社が丸の稜線。

こちらは雁が腹摺山

米沢山に近づくと道が痩せていて、鎖も出てきます。
鎖場の近くにあったミツバツツジ

米沢山到着

米沢山からお坊山方面を見ると2つのピークが重なっています。
手前のピーク(右)は門井沢の頭(トクモリ)。
トクモリの標高はお坊山と大差なく1412mあります。
なぜ「トクモリ」なんでしょうか?・・・・どこかの牛丼屋さんを思い出すような。
高く盛り上がっているのでトクモリ・・・・!?

大菩薩側もこの辺から見栄えが良くなります。
トクモリ山頂には特に標識のようなものも無く、通過してお坊山へ。

お坊山の登りから見た富士山方面
中央奥の高いピークは黒岳。
右にはピョコンと釈迦が岳。

富士山をアップで
本社が丸山頂の向こうにはアンテナを持った三つ峠が重なっています。

お坊山頂では、甲斐駒から聖まで南アルプスのほぼ全体が見えました。
お坊山西峰がコースの最高点で、東には頭の丸い東峰が見えています。

西峰から少し東へ歩いたところに見晴の良い場所があり、大鹿峠への道が左に下降しています。
これは大菩薩の繋がり・・・・左端の小さく見えるのが大菩薩嶺

東峰へは散歩気分ですぐ到着・・・・広い山頂

東峰付近の住人達・・・・歩くのが申し訳ないような!



この先、東峰から吉久保集落に下山する道を選択
・・・・地図上では実線だったコースが、ここから点線になり、やや難路です。
(前掲の笹子駅前の地図には記述無し)

2009年に歩いた時も途中まで下って車道に出ていますが、今回は尾根通しで最後まで下る予定。
(普通は大鹿峠から景徳院を経由して甲斐大和方面へ下ったりします)

始めのうちは傾斜も緩く道は大きくゆったりと蛇行。
時々古い休憩椅子を見かけます。
かなり朽ちていますが、座って休憩。

木立が綺麗です
今の時期でも落葉で登山靴が埋まることがあります。
道に沿って蛇行するのも面倒になると時々ショートカットして急降下。

棚洞山に到着・・・・予想外に立派な山頂標識。

甲州街道を挟んでこちらの尾根と対峙するように鶴が鳥屋山。

途中まで三角頭に見えていた滝子山頂部も、南に回り込んだので平らに見えます。

入道山を通過

鉄塔があり、その少し下にはお坊山登山道の案内が初めて(?)出てきました。
中央高速の音が大きく聞こえてきます。

下るほど道は急傾斜となり、最後には着地点目指して無理につじつま合わせしているような感覚!
滑らないように踏ん張るのが大変。

高速道路傍の分かりやすいところに出てきました。

高速をくぐって笹子駅まで30分くらいです。
---

0 件のコメント:

コメントを投稿