2015年7月11日土曜日

金峰山 (奥秩父)

2015/07/11
[標準コースタイム]
廻目平-(1:20)-八丁平分岐-(1:50)-金峰山小屋-(0:20)-山頂-(0:15)-金峰山小屋-(1:15)-八丁平分岐-(1:00)-廻目平 (山頂往復)
---
[標高] 金峰山 2595m
---
廻目平キャンプ場に車を停めたので、始めにその説明を少し・・・・
廻目平は金峰山の北側にある川上村営のキャンプ場で、申し込みは金峰山荘で行います。
日帰りならば入場料 (車の場合) 300円のみで1日駐車可・・・・入場ゲートでチケットを取り、帰りに金峰山荘で料金精算。
ただし、早朝・深夜時間帯での精算は別料金になるようです。

中央高速須玉インターで降りて141号を北上し、野辺山駅付近から川上村へ向かいました。

キャンプ場の地図(クリックすると拡大)

駐車場・・・・一応はここですが、中央広場の道路脇など (自分のテントの近くとか) にも停めています。

明け方の中央広場。

金峰山へは中央広場脇の林道を西股沢の流れに沿って奥へ歩きます。
西股沢は水量豊富でなかなか見ごたえあり (特に目立つ滝などは無し)

30分くらい歩いた地点の大岩・・・・岩登りの練習場?

さらにしばらく歩いて林道終点となり、八丁平分岐で丸太の橋を渡ります。

この先、崩れたような跡がありますが、道は明瞭です。
カラマツの森が終わってコメツガの森に変わります。

シャクナゲも多くなってきます。
振り返ると小川山の山頂部が見え隠れしています。

これは一時的にコメツガの森が開けて金峰山の稜線が見えたところ。

金峰山小屋に近づく頃には苔むした斜面が目立ちます。

金峰山小屋に到着
この先はコメツガの森が完全に切れて、ハイマツ帯です。

金峰山小屋付近から瑞牆山方面

山頂付近から金峰山小屋を挟んで、小川山と瑞牆山

千代の吹上げ・大日岩方面へ続く稜線

こちらは甲武信岳・国師岳方面の眺め

思っていたよりも人出があり、この時は増富側から登って来る人が多かったようです。
頂上と五丈岩の間に立つ案内

昼食後、同じ道を下山。

この日はテントで一泊し、翌朝にキャンプ場を出ました。


廻目平は岩登りの練習場としても有名です・・・・日本のヨセミテとか。
薪用の枯れ枝を集めてバーベキューや炊事に使用できるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿