2015年8月15日土曜日

日光白根山

2015/08/15
[標準コースタイム]
金精峠駐車場-(0:35)-金精峠-(1:00)-国境平-(0:40)-五色山-(0:35)-弥陀ケ池-(1:05)-白根山頂-(0:60)-避難小屋-(0:15)-五色沼-(0:45)-五色山-(0:25)-国境平-(1:00)-金精峠-(0:25)-駐車場
---
[標高] 白根山 2578m、 五色山 2379m、 金精山 2244m
---
金精トンネルの栃木県側入口にある駐車場に車を置いて往復しました。

ちなみに各登山口の標高を挙げておきますと、
 金精峠駐車場 1840       ロープウェイ山頂駅 2000
  湯本バス停   1485                  菅沼の駐車場        1735

金精峠駐車場からの場合、金精山と五色山を越えるので若干のアップダウンがあります。
金精山までの登山道も梯子・ロープが多く、やや山慣れた人向きです。

登り始めから段差の大きな急登です。

これは金精峠に建つ金精神社・・・・ここで温泉ケ岳(ユゼンガタケ)・根名草山方面への道が分岐。

表日光連山の眺めが良いところですが、あいにく雲が多そう。
前方正面は男体山、眼下には金精道路。

金精神社を少し過ぎたところから温泉ケ岳。

金精山北面の山頂近くにある梯子・・・・やや不安定。

金精山頂に到着・・・・急傾斜も一段落。

金精山を少し過ぎた所から東の眺め。左が金精山、右が温泉ケ岳、奥の平らなところは念仏平。

樹間から奥白根山が部分的に姿を見せています。
少し下って道は緩やかな傾斜となり国境平に到着・・・・湯本温泉への中曽根コースが分岐。

20年以上前には、湯本から前白根山経由で奥白根まで何度も登っていますが、中曽根コースは下りに良く利用していました。

ここから五色山への登りに転じます・・・・この写真は少し登って振り返ったところで前方は温泉ケ岳。

上部は緩やかな笹原になります。

五色山頂に出ると奥白根山が一気に姿を現します。眼下は五色沼。

ここからは左に五色沼を見ながら弥陀ケ池へ。

弥陀ケ池に到着。数人の登山者が休憩中。
ずっと以前にはシラネアオイが沢山咲くところでしたが、今はその時期になっても殆ど見られないようです。

ここから山頂へ約1時間の登り。
どんどん高度を稼ぎ、背後の眺めが開けます。

尾瀬や南会津の山々も見えています。

登るに連れ、白根山頂が覆いかぶさるように聳えてきて、かなりの急勾配。
人の流れから判断すると、この斜面を下る人が多いようですが、体力的には多少厳しくてもここは登りにして、下りは別コースにした方が安全な気がします。
慎重に足を置かないと簡単に落石をおこしてしまいそう。

溶岩ドームなので山頂付近は岩がちです。
最高点にこだわらなければ一帯は非常に広く、どこでも休憩できます。
五色沼が良く見えるところで食事休憩

右に五色沼、左に弥陀が池、中央やや右上にちょこんと尖った三角頭が金精山。

下りは前白根・避難小屋方面に向かい五色沼のほとりを歩きます。
こちらの斜面もザレていて滑りやすいですが、しりもちを付く程度で転落の危険は無し。
奥白根山南面はハンゴンソウに加えてマルバダケブキも沢山咲いています。

ひと下りすると、ダケカンバの樹林帯。

樹林帯を抜け、傾斜は緩やかになり避難小屋に到着。右に前白根山への道が分岐。

さらに少し下って五色沼に到着。
近くに水場もあります。

沼のほとりを歩いて弥陀ケ池と五色山への分岐に出ました・・・・ここから五色山への登り。

五色山からは来た道を戻りました。
---
このコースは、金精山→五色山とせずに、菅沼→弥陀が池とすれば、より歩きやすくなります。

0 件のコメント:

コメントを投稿