2015年9月23日水曜日

鷹の巣山 (奥多摩)  

2015/09/23
---
[標準コースタイム]
東日原-(0:05)-鷹巣山登山口-(0:55)-稲村岩の肩-(1:40)-ヒルメシクイノタワ-(0:30)-鷹の巣山頂-(0:30)-水根山-(1:00)-六つ石山分岐-(0:40)-三ノ木戸林道分岐-(1:30)-奥多摩駅
---
[標高]  鷹の巣山1737m
---
東日原から鷹の巣山に向かう稲村岩尾根コースは奥多摩でも傾斜が急なきついことで知られていますが、我輩としてはなぜか時々登りたくなるところです。

ホリデー快速で奥多摩駅に9:15頃到着。
9:35発の東日原行きバスを終点で降り、歩行開始は10時頃。
5分くらい歩くと前方に稲村岩が見えてきます。

道の左側には鷹の巣山登山口

一旦、日原川まで下り対岸へ渡ってから登ります。
日原バス停付近と鷹の巣山頂との標高差は1120mくらいですが、下って登り直すので累積標高差はもう少しプラス・・・・数十メートルくらい(?)

日原川にかかる巳の戸橋

雲取山周辺の水を集めて流れる多摩川の支流ですが、巨樹の里らしく水量はいつも豊富です。

植林帯を通過の後、沢に沿って遡ります。
小さい沢ですがやや増水気味・・・・1週間ほど前には常総市で大水害もありました。

少し登って樹間から稲村岩を見上げたところ。

沢を離れると稲村岩との分岐までは急傾斜で一気に高度を稼ぎます。

稲村岩との分岐点にある案内。この先は尾根歩き(右へ)

その後、この尾根としては多少緩めの傾斜。
まだ大木はあまり見られず、片側植林帯になるところもあります。

特に大きな変化も無く、まじめに(?)1時間くらい登るとブナの大木が目立ってきます。

実際、バテ気味でまじめに登れなくなる人もよく見かけます。
ここのブナ林も育つより衰退する方が多いような・・・・!

ヒルメシクイノタワに到着
このコースでは唯一傾斜が水平になるところ

休憩しておにぎりを1個。
ここから山頂までは30分くらい。

到着・・・・石尾根縦走路に合流。数人が休憩中。

山頂の南面は草原ふうに拡がっています・・・・北側斜面を登ってきたので突然視界が開ける感じ。
かろうじて晴れてはいますが眺めはイマイチ。

こちらは冬に登った時の眺め
西側・・・・南アルプスが見えています。

南東方面・・・・中央奥の左に大岳山、右に御前山
三頭山や雲取山、大菩薩の山々も見えます。

---
ついでに、ここからの主な下山ルートを幾つか紹介。
1.鷹の巣避難小屋から峰谷へ下り、バスで奥多摩湖経由奥多摩駅へ
2.石尾根を六つ石山まで歩き奥多摩湖へ
3.水根沢林道を歩き奥多摩湖へ
4.かやの木尾根経由し倉戸山から熱海へ下りてバスで奥多摩湖経由奥多摩駅へ
5.石尾根を歩いて直接奥多摩駅へ
など。

少しコメントすると、
1.峰谷への道のりは短いですが、バス便は少ない。鷹の巣山頂から西へ下ります。
2.六つ石山経由の場合、下から3分の2くらいが急な植林帯。
3.水根沢林道は、実は「林道」ではなく崖っぷちを歩く・・・・人とすれ違うのも注意が必要。
4.倉戸山コース・・・・特に目ぼしいものはありませんが、敢えて言うならこれがオススメ。
5.直接奥多摩駅まで歩くと、所要時間は3時間40分の長い下り。
---

今日は石尾根を奥多摩駅まで歩きますが、アップダウンは少なく、多くは緩い下りです。
自転車で走る人もいます。

山頂から東へ下り始めると、尾根上部ではナナカマドが色づいていました。

稜線上に切られた防火帯を歩きます。


南面は草原

少し歩いて鷹の巣山を振り返ったところ

20分くらい下ると、かやの木尾根方面への案内があり、上記3、4のコースが分かれます。

何度か下っているので、馴染みの大木も多いですが、今回は倒木も目立ちました。

これも馴染みの大木・・・・この根本で一休み

六つ石山への分岐・・・・右へ向かうと少し登ってから水根を経由して奥多摩湖へ(上記2のコース)

防火帯の急降下が始まり一気に高度を下げます。

途中から三ノ木戸林道経由の道が右に分岐しますが、今回は崩落のため通行止め。

非常に暗い植林帯に突入・・・・短い区間ですが、とにかく暗い!
道も深く掘られた塹壕のよう・・・・まともに下るとドログチャです。

その後、歩きやすい植林帯も

舗装された林道に出ます。
30分くらいで奥多摩駅。

0 件のコメント:

コメントを投稿