2015年10月12日月曜日

大菩薩嶺・石丸峠

2015/10/12
[標準コースタイム]
上日川峠-(0:25)-福ちゃん荘-(1:00)-(唐松尾根経由)-雷岩(大菩薩嶺まで往復20分)-(0:45)-大菩薩峠-(0:30)-石丸峠(狼平方面往復)-(1:15)-上日川峠
---
[標高] 大菩薩嶺 2057m
---
上日川峠には3か所くらい駐車場があります。
この日はロッジ長兵衛前を通過して、右に向かう細い道(ほぼ直進)を進んだところの一番広い駐車場に停めました。


朝6時半に到着時はガラガラでも、車内で朝食のコンビニ弁当を食べているうちにどんどんやってきます。
ちなみに今日は体育の日・・・・山から戻ってきた時は路肩にも並んでいました!

7時ちょうどくらいに歩行開始。
駐車場から少し戻って、ロッジ長兵衛のかどを右に折れます。
舗装された林道と登山道があり、今回は登山道の方を選択・・・・どちらを行っても大差なし。
傾斜は緩やか

30分足らずで福ちゃん荘に到着。
これは福ちゃん荘前に立つ案内。

唐松尾根に入ります。
名前のわりには唐松も長く続かず普通の森に変わります。

次第に傾斜を増し、樹林が切れると右手後方には富士山や大菩薩湖

斜面上部には草原の拡がり

今年は一昨日くらいに富士山の初冠雪があり、例年より遅めとか。
福ちゃん荘から稜線の雷岩までゆっくりペースで1時間でした。

雷岩から大菩薩嶺まで往復・・・・やや暗めの樹林帯。
見晴しの無い地味な山頂

雷岩からは明るく開けた草原状の稜線を大菩薩峠へ下ります。

少し下って、大菩薩嶺方面を見上げたところ

賽の河原手前まで近づいてからの大菩薩嶺

賽の河原・・・・避難小屋があります。

少し登り返して大菩薩嶺と賽の河原

こちらは南アルプス方面・・・・主要な峰が勢揃いしています。
とりわけ北岳、間ノ岳付近が白く、初雪は富士山と同時くらいでしょうか。

大菩薩峠に近づきました。峠の背後は熊沢山

峠に立つ中里介山の小説「大菩薩峠」の記念碑

介山荘と休憩所の間から右折して下ると上日川峠に戻れます(登山道というよりは林道)

直進して熊沢山の登り・・・・とたんに薄暗い樹林帯。

登り切って少し水平歩行の後、眼下に石丸峠が見えてきます。
写真は防火帯上部から見下ろしたところで、登山道は別に防火帯脇に付いています。

ほぼ石丸峠に到着・・・・前方に小金沢山

こちらは峠から熊沢山を見上げたところ・・・・南側斜面は笹原。

時刻はまだ10時半・・・・さらに狼平まで足を伸ばすことにしました。
少し歩いて牛の寝通りへの分岐
左へ向かうと紅葉のきれいな牛の寝通り・・・・奥多摩へ続きます。

ここで熊鈴を装着。
我輩の経験ではこの先人通りが少なくなり、熊密度が上がります。
前回も狼平手前の高台でお昼を食べていたら、下方の草原をうろつく熊さんが見えました。
この先の雁が腹摺山でも見かけたことがあります。

小山を1つ越えて狼平への下りから石丸峠と熊沢山の眺め

間近になった小金沢山と狼平付近

食事休憩して石丸峠に戻りました。
石丸峠から上日川峠へも、初めは草原ふうの笹原が続きます。
左から狼平、小金沢山、うっすらと富士山

草原が終わると綺麗な唐松林


林道に出ました。

ここから急降下してさらに別の林道(舗装道路)・・・・バス停あり。
大和・上日川峠間を運行するバス道路になっています。

さらに下って流れを3つくらい渡ります。

上日川峠に到着(前方にバス)

0 件のコメント:

コメントを投稿