2016年1月17日日曜日

大野山(丹沢湖ダム広場から)

2016/01/17
[標準コースタイム]
丹沢湖ダム広場-(0:15)-鉄塔のある展望台-(0:30)-玄倉方面分岐-(1:00)-秦野峠分岐-(0:45)-林道-(0:30)-イヌクビリ-(0:15)-大野山山頂
---
[標高] 大野山 723m
---
これは丹沢湖畔にあった地図の一部・・・・少し古め。

既に閉鎖になったビジターセンターも載っていました(カット)
丹沢湖ダム広場からの大野山は今回が初めて(記録は往復のうち往路のみ)
これはダム広場付近の画像。建物は田ノ入発電所。

ダム広場駐車場はAM9~PM4ですが、AM8:30到着時には開いていました。
-----
ここで計算・・・・標識によるとダム広場から大野山までの距離は7.3キロ。
丹沢湖面の標高は320mなので、ダム広場→大野山頂(標高723)の標高差は 400m強。

ちょうど表丹沢の大倉尾根が約7Kmで、標高差は1200m・・・・標準所要時間は3時間半。
今日の標高差は大倉尾根の1/3・・・・なのに、昭文社の地図によれば所要時間は約3時間強。

たったの400mを3時間?・・・・結論からいうと、アップダウンが多く急傾斜もあり、意外に体力消耗しました (特に往路の前半)
-----
(記録に戻ります)
広場の東側に付けられた道を登ります。

湖畔まで上がる手前に大野山への案内があって右折。

ダム広場を見下ろしながら登って尾根(展望台)に出ると、向こう側に丹沢湖が見えてきます。
眼下に湖畔を廻る車道を見下ろせます。
ここから山道。
途中、頻繁に出てくる案内標識には大野山までの距離が書かれています。

鉄塔を3つくらい通過すると玄倉へ1.8キロの案内

この前後には梯子や鎖も出て来ました。

痩せた尾根も通過します。
左(北)に丹沢湖、右(南)に大野山が見えます・・・・登山道は寧ろ大野山から離れて東へ。

標高が低いので植林の通過が多いですが、丹沢湖をバックに木立の綺麗なところもありました。


神縄トンネルの上を通過し、丹沢湖の南側を玄倉方面へ向かうようです。
その後に通過するまとまった植林帯・・・・贔屓目にみればなかなかきれい。

この植林帯付近は尾根幅が広く道筋を外さないように注意。

秦野峠分岐に着く手前は急な登りです。
大野山からは離れる一方で、本当にこの登りでいいのかやや不安になって来た頃に確認の標識。

秦野峠方面(直進)はさらに登りますが、大野山方面は急角度に右折して下り開始。
このへんの標高は殆ど大野山頂と同じくらいでしょう。
ここで丹沢湖の眺めと離れます。
下って登ると、小ピークに出て休憩テーブルがあり、大野山まで3.5キロとのこと。

今までアップダウンの繰り返しで、既に2時間以上経過。
・・・・なのに、距離的にはまだ半分しか来ていない!

やや不安でしたが、その後は水平歩行の多い緩やかな道でペースアップ。
さらに左下の方には林道も見えてきました→不安解消!

林道に合流したのが、大野山まで2.4キロの地点。

その後はずっと林道歩き・・・・これなら時間はかかりません。
湯本平への分岐ですが、現在は通行禁止・・・・振り返って見たところ。
この道が使えれば周回コースとして最適なのですが・・・・。

イヌクビリに到着・・・・大野山登山口方面からの道と合流。
見慣れた景色になりました。

最後の登りは右手の坂に展示された彫刻を見ながら。


曇りなのであきらめていた富士山も思いがけずお出迎え!

こちらは畦が丸と丹沢湖

この後、ダム広場に戻りますが、朝8時40分に歩き出してから3時まで、
大野山頂付近を除いて、出会った人は無し。

0 件のコメント:

コメントを投稿