2018年1月29日月曜日

高尾山・城山・弁天橋(積雪時)

2018/01/27(土)
[標準コースタイム]
高尾山口駅-(0:20)-琵琶滝-(1:00)-高尾山頂-(1:00)-城山山頂-(0:40)-弁天橋-(0:30)-相模湖駅
[標高] 高尾山 599m、 城山 670m
---
この週は大寒波が来て東京地方でも月曜日に大雪が降り、その後も寒い日が続きました。
恐らく雪解けも進まない状況で今日(土曜日)になっています。
京王線高尾山口駅で下車し、少し歩いて写真正面はケーブルカー乗り場。
建物に向かって右側にはベンチが沢山あり、アイゼンを装着中の人が多数いました。
これはその建物の脇から始まる稲荷山コース。
ここでも何人かアイゼンを装着中。

我輩は琵琶滝を行くので、もう少し先までコンクリート道を歩きます。
ここから琵琶滝コース・・・・こちらの方が人が少ない。
アイゼンを付けました。
琵琶滝コースは沢に沿って道が付いており、日陰で凍結しアイゼン歩きには
快適だろうと思いこのコースを選択。

少し歩いて滝のある琵琶滝不動堂との分岐(左へ)
さすがにこの寒さで滝に打たれている修行者はいないようです。
登山道上で地面が露出しているところは殆ど無し。
年配の人は殆どアイゼンを付けていますが、靴だけの若い人も時々見かけます。
諦めて引き返す人にもすれ違いました。

途中、小さな木橋を渡ります。

確か3つ目(?)くらいの木橋で、稲荷山コースに接続する道が分かれます。
「六号路は直進」との案内があり、ここは橋を渡らずに直進(沢に下りる)
沢の中の足場を選びながら遡ります。
ユーターン気味に折り返す地点で沢から離れます。
その後は階段の連続で、登り切ると山頂直下のコンクリート道
薬王院からのメインルートと合流して山頂へ
お天気は快晴・・・・富士山が良く見えました。
こちらは丹沢方面・・・・中央の高いところが蛭ヶ岳
一休みして城山方面への道を下り、登り返すとモミジ台。
こっちの富士山の方が高尾山頂より開けています(・・・・今のところ!)
少しまとまった下りがあり、前方には城山の電波塔も見えます。
一丁平に到着しますが、トイレのある付近は寒いのでそのまま通過。
休憩テーブルも雪が積もったまま。
さらにひと登りすると日当たりの良い展望台に出ます。
屋根付きの建物もあって、昼食で賑わっています。
ここからの眺めが一番いいかも。

この先、城山までは僅か。
城山山頂の電波塔と休憩施設・・・・テーブルが沢山あります。
城山山頂からの高尾山。
ここまでで登りはほぼ終了し、相模湖(弁天橋)への下り開始。
植林の多いルートですが、森は整っています。
かなり下って葉の落ちた広葉樹の森になると、視界が開けて中央高速なども見えます。
下り終えて集落へ
弁天橋へは右折してさらに少し下り、国道20号(甲州街道)を渡りますが、アイゼンを外すのが面倒なので付けたままで信号を横断(やや強引かも)
横断して左前方に斜めに入る道を行きます。
この辺、分かりにくいところには弁天橋への案内が出ています。
思いがけないところにトイレも!(ここは右へ下る)
弁天橋を見下ろすところに出て再び山道。
橋まで下って桂川を渡ります。
渡り終えて振り返ったところ。
すぐに日当たりの悪いコンクリート道の急登があります・・・・アイゼンを付けっぱなしで来たのはこのため・・・・特に上の方が急で滑りやすい。
登りきったらアイゼンを外して車道歩き。
嵐山の北側を回りこむように行くと前方に相模湖が見えてきます。
相模ダムから桂川を見下ろしたところ。
この先は甲州街道へ出て相模湖駅へ
---

0 件のコメント:

コメントを投稿