2018年3月11日日曜日

高松山 (丹沢)

2018/03/03
[標準コースタイム]
山北駅-(0:25)-高松山入口-(0:30)-林道終点-(1:00)-ビリ堂-(0:35)-高松山頂-(0:35)-第六天-(1:15)-最明寺公園-(0:50)-西平畑公園-(0:25)-新松田駅
---
[標高] 高松山 801m
---
高松山は今回が初めて・・・・御殿場線山北駅から歩きました。
新松田駅発のバスに乗り、高松山入口バス停で降りる方が、30分近く歩行時間を短縮できます。
-----
いつ来ても長閑な感じの山北駅・・・・この辺の雰囲気は我輩のお気入りです。
(長閑過ぎてパスモ、スイカは使えない!)
駅は写真奥の建物で、手前は交流センター
駅前の通りを東へ。やがて76号線と合流。
駅から30分位で高松山への案内・・・・地図を見ると東山北駅からの方が近そう(?)
高速道路の高架下付近で、ビリ堂と第六天方面が分かれますが、新東名高速工事のため迂回路を行きます(暫くは第六天方面と同じ方向へ)
工事中で警備員の立つ道を緩く登って行くと、ビリ堂方面への分岐に出ました。
この先梅の花などが咲く陽当たりの良い斜面はとても綺麗で、こっちの道で却って良かったかも(!)
今日のルートでは最も気に入ったところでした。



先ほどのビリ堂方面への分岐から20分ほど登るとコンクリート道が終わり登山道の開始。
30分ほど登って林道を横断
植林帯に突入・・・・この先しばらくは植林帯
意外に長いなと思いながらビリ堂到着
石仏が2体。


この先傾斜が増して階段が出てきます。
コース中では一番厳しいところ
植林が切れ、頂上へ続く尾根に出ます。

間もなく広い山頂
御殿場線のホームから綺麗に見えた富士山は既に霞んで見えず。
金時山が薄く見えています。
殆どの登山者は南西方面に開けた斜面に座って休憩中。
我輩は山頂東側に倒れている丸太に腰かけて食事休憩。
今、ちょうど12時くらい。
まとまった登りは殆ど終わったでしょうが、この先最明寺公園と西平畑公園経由して新松田駅まで先は長そう。
食事を終えて早めに歩行再開・・・・下り始めはやはり樹林帯
山頂東側は伐採されたばかりらしく、真新しい切株が目立ちます。

時々立っている標識に「虫沢古道」という文字が目立ちます。
「高松古道」というのもあり。
桜の木が目立ってきたあたりには、桜平という立札。
地元の有志がメンテナンスしているんでしょうか。
第六天(尺里峠)に到着

すぐ下に林道があり、最明寺方面への道も未舗装の林道。

途中から高松山方面の眺め

一旦小さい集落を通過して下った所に案内があり、最明寺への緩い登り開始。
このへんを1つのコースとして繋ぐには、やや強引さも感じます・・・・欲張りすぎ(?)
高松山をメインにするなら、やはり第六天から高松山入口に降りるのが自然かも。

登り終えてほぼ水平な道を行くと、右手下に最明寺史跡公園
池があって桜の木が多く、開花時には見ごたえがあるでしょう。

池の近くには護摩堂跡と最明寺史跡の由来が書かれた石碑
休憩テーブルが幾つもあって一休み。
西平畑公園へ3.5キロとのこと。
殆どは舗装道路の下りで、最後に山道を歩き松田町自然館の前に出ます。
時刻は3時少し前。
これは園内を走るミニSL(乗れます)のレール兼通路

河津桜が満開で沢山の人出・・・・家族連れも沢山いました。

さらに歩いて新松田駅へ

0 件のコメント:

コメントを投稿