2018年4月12日木曜日

関八州見晴台・高山不動

2018/03/31
[標準コースタイム]
西吾野駅-(0:20)-間野-(0:40)-石地蔵-(0:30)-高山不動-(0:30)-関八州見晴台-(0:20)-高山不動-(0:50)-梨本坂分岐-(0:20)-国道299号-(0:30)-吾野駅
*高山不動→吾野駅間は実際に歩いた時間からの推定
---
[標高] 関八州見晴台 771m
---
西武秩父線の西吾野駅で下車
駅から車道に下り川沿いを行きます。
これは川を挟んで駅を見たところ・・・・対岸の上の方にある建物が駅。
途中で西武線をくぐって、最初に出てくる高山不動への案内はこの橋を渡るようです。
明るくて気分のいいところなので、橋を渡ってみました。
パノラマコースと言い、眺めも良さそうですが、予定していたコースではないのでパス。

川を渡らずにさらに少し歩いたところにも分岐案内
こっちの橋は壊れそうな頼りない感じ・・・・これを渡りました。
目の前のコンクリートの急坂を上がって、民家の軒下を縫うように行くと山道に入ります。
この先はかなり地味な登り。
途中、萩ノ平茶屋跡(今は廃屋)があり、その後は傾斜が緩んで来ます。
その少し先でパノラマコースと合流
大滝方面への分岐・・・・案内はしっかりしています。
萩ノ平茶屋跡から20分くらいで高山不動到着。
本堂はあいにく修理中のようで足場が組まれています。
内部だけ撮影

本堂から石段を下ると銀杏の巨木・・・・自慢の銀杏のようです。
まだ緑が無いのが残念

本堂脇にはしっかりした公衆トイレもあります。

本堂の裏手を登って関八州見晴台方面へ。
途中、立派な舗装道路(グリーンライン)も通過
以前はもっと栄えていたらしく、今は休業中の大きなお店が2軒。
見晴台付近はツツジのつぼみが膨らんでいます。
春らしいうっすらとした緑が爽やか

到着・・・・広い山頂に10人くらい散らばって休憩中。
名前の通り見晴らしが良く、武甲山らしき三角形も見えます。
ここまで危険個所も無く、家族で来るには丁度いいくらいのコースです。
適当なところに座り込んで食事休憩

帰りは高山不動に戻り、林道を下りました。
前回(2010年)通った時、林道沿いの森が綺麗だったのでもう1度歩いて見ました。
・・・・と言っても植林で、誰にでもオススメするほどではありませんが・・・・。
奥武蔵の植林は整ったものが多く、見ごたえがあります。


殆ど下り切って、民家の間を歩いていると梨本峠経由の案内が目につきました。
ややマイナーな表示板・・・・道の状態から見て通行人はいるようです。
この先ぐるっと廻りこんで吾野駅を目指すより近そうなので行ってみました。
道は思ったより良好。
尾根に出ると立派な案内・・・・ここが梨本峠でしょうか?
反対側に下ってきたところ。
この先国道に出て左へ・・・・道路右手には高麗川が流れています。
国道を歩いたのは30分弱くらい。
ちょうど良いタイミングで電車に乗れました。

0 件のコメント:

コメントを投稿