2019年12月30日月曜日

吾国山・難台山(茨城県笠間市)

2019/12/29
[標準コースタイム]
水戸線福原駅-(0:90)-吾国山-(0:30)-道祖神峠-(0:20)-すずらん群生地分岐-(0:20)-難台山  (往復)
注.上記は福原駅の案内から拾った時間ですが、登り下りの区別無く1本で記述されています。
---
[標高] 吾国山 518m  難台山 553m
---
水戸線福原駅から吾国山、難台山、愛宕山を経由して常磐線岩間駅までのコース(通称「笠間アルプス」)は、全行程で6時間くらいかかります。
一帯は吾国愛宕県立自然公園で、案内板によれば広さは3835ヘクタールとのこと。
特に吾国山は関東百名山にも指定され、より高い難台山や近くにある雨巻山(栃木県益子町の最高峰)を出し抜いているので、登ってみたいと思っていました。
茨城県で筑波山以外に関心持って登ったのはこれが初めてかも・・・・今回はその半分

福原駅前にあったやや古め(?)の地図・・・・ほかにも駅付近の案内地図あり。
吾国山、難台山、愛宕山周辺の地図
すぐそばに駐車場があり、ガラ空き状態。
駐車受付は福原駅の駅員さんが担当・・・・車のナンバーを告げ、駐車料金210円を支払い。
西にある踏切まで歩き線路を横断
写真は踏切から福原駅方面・・・・向かって左側を手前に歩き、ここでユーターンし右前方へ
線路を渡るための福原駅近くの踏切
その後は南へ・・・・前方には吾国山
福原駅の南に続く道と吾国山
加波山と北関東自動車道
吾国山登山口に向かう途中風景
北関東道の高架をくぐってすぐに右折(写真中央部分に案内標識)
北関東自動車道をくぐってすぐのコース案内
迷う方が難しいかと思うほどコース案内が立っています。
舗装が切れて間もなく出てきた鳥居
前方に吾国山を見る鳥居
登山口に到着・・・・日の当たらない地面には霜柱
ここから樹林帯に入る
ここからは植林帯の登りが続きます。
植林帯の中を行く
15分くらい登って車道を横断
登山コースは林道を横切っている
綺麗な冬木立。足元は落葉
青空バックに冬木立が映える

足元は落葉の絨毯
山頂近くはカタクリの群生地のようです。
歩道が制限されている
ブナもあります・・・・それも巨木が!
標高の割には巨木・大木が目立つ
さらにひと登りして頂上
ここが頂上
福原駅方面の眺め。その北には高峰と雨巻山、さらにその裏には薄っすらと高原山
眼科には北関東自動車道
日光の男体山や真っ白な奥白根山(日光白根)、足尾の皇海山も見えています。

難台山に向けては一旦急降下。
急降下途中から見た難台山・・・・水平距離がかなりありそう。
難台山まで幾つかのコブを越える
洗心館跡を通過して道祖神峠に着
ここから難台山への登り
ここから登り・・・・と言ってもアップダウンを何度か繰り返しながら小山を越えます。
「あれが頂上かな」と思いながら登り着いてみると、すずらん群生地への案内
スズランの時期には寄ってみたいところ
岩間駅に行って常磐線・水戸線経由で福原駅へ戻る案も念頭にありますが、岩間駅に行くだけなら、ここから下るのが近そう。

難台山頂付近も冬木立が素晴らしい
緑は無いが冬木立が綺麗

吾国山方面を振り返る・・・・緑が多い時期は見えないかも
緑の多い時期には見えない風景
山頂到着
各地点へのコースタイム

眺めはあまり良くない
立派な展望盤がありますが、眺め自体はイマイチです。
眺め自体がイマイチ
ここまで来てもまだ福原駅に戻る方が30分早いようです・・・・さらに電車移動の時間もあります。
日が短い時期で朝のスタートが遅かったので、素直に諦めて戻ることにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿