2020年2月7日金曜日

筑波山 (つつじヶ丘から)

2020/03/24
[標準コースタイム]
つつじヶ丘駐車場-(0:40)-弁慶茶屋跡-(0:40)-女体山頂-(0:15)-御幸ヶ原-(0:25)-ユースホステル跡地-(0:30)-御幸ヶ原-(0:15)-女体山頂-(0:35)-弁慶茶屋跡-(0:35)-つつじヶ丘駐車場
---
[標高] 女体山 877m
---
つつじヶ丘駐車場は400台収容可能で料金は500円(最近上がったらしい)
この日はロープウェイ点検のため、駐車料金も無料でした(!)

駐車場北にある遊園地付近が登山口
つつじヶ丘駐車場
ここからのの登りは筑波山のルート中でも一番爽やかに開けているところ。
時々振り返りながら登ります・・・・遠くには霞ケ浦。
つつじヶ丘からの眺め
一登りしたところにある四阿。
つつじヶ丘高原
近くには「つつじヶ丘高原」との表示あり。

この丘を越えるあたりから森に入ります。
つつじヶ丘付近の登山道
さらに20分くらい登ると弁慶茶屋跡
弁慶茶屋跡
ここで筑波神社からの白雲橋コースと合流し女体山頂へ。

すぐ先には弁慶七戻の奇岩
弁慶七戻りの奇岩
この先は名前の付けられた大岩が頻繁に出てきます。
2015/03の記録にも写真があります)

高天原
高天原
それぞれの岩にはこんな説明付き
高天原の説明

岩の多い登りですが、一旦傾斜が緩んで整った木立のある水平な道に出ます。
女体山頂を望む登山道
女体山頂が見えています。

そのすぐ先にある北斗岩
北斗岩
このへんからは山頂に近づくに連れて傾斜が増すような!

屏風岩の近くから頂上を見上げたところ。
山頂部
左側はロープウェイの駅で、右の頂上には人が見えます・・・・もう一息。

すぐ傍にある大仏岩
大仏岩

到着・・・・山頂(女体山)の社
山頂の社
男体山と御幸ヶ原
女体山頂から男体山頂を見る

加波山方面の眺め
加波山方面の眺め
ここは関東平野の広さを一番実感できるところかも。
男体山との間にある御幸ヶ原へ向かいます。

途中にあるガマ石
ガマ石
「金運・出世パワースポット」とか・・・・

御幸ヶ原から見た日光方面
日光方面の眺め
くっきり見えたのはほんの僅かのあいだ。
表連山の男体や女峰、さらに遠く奥白根、写真のもっと左には皇海も。

一休みの後、時間もあるのでユースホステル跡地まで下ってみることにしました。
(この先、つつじヶ丘からのコースとは無関係)
始めて歩く道で、御幸ヶ原の南側のトイレ脇から1.2Kmとのこと。
ユースホステル跡地への下り口

一応軽トラくらいが通れるくらいの道幅が続きますが、上部はデコボコ。

途中の森

あっけなく跡地に到着
筑波山ユースホステル跡地
これより下は舗装された道があるようです。
折り返して御幸ヶ原へ。

途中で男体山を見上げたところ
男体山を見上げる
その後、つつじヶ丘駐車場に向かいました。
---
何度も登っているコースですが、山慣れしていない人が登るには、やや心配な道です。
濡れていると岩が非常に滑りやすいので、登山道が良く乾いている時をお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿