2020年7月2日木曜日

赤薙山、丸山、霧降高原

2020/07/02 
[標準コースタイム] 
レストハウス-(0:45)-小丸山-(1:30)-赤薙山-(0:50)-小丸山-(0:30)-丸山-(0:30)-八平ヶ原-(0:45)-レストハウス
---
[標高] 赤薙山 2010m  丸山 1685m
--- 
これは霧降道路(栗山日光線)からキスゲ平園地への入口付近。
右手前に大きく見えるのが丸山、手前の建物が霧降高原レストハウス、中央奥の尖ったピークが赤薙山。この少し先に駐車場があり、手前にも大きな駐車場があります。
近くにあった案内
レストハウス前から階段が伸びていて、小丸山(刈り払われた斜面の最上部)まで続いています。
段数は1445段・・・・「天空回廊」との名前付き。
以前はリフトで上がれましたが、現在は撤去されているので徒歩!
途方もない段数ですが、歩きにくくはありません。
これは700段を越えたあたり。
斜面全体にニッコウキスゲが咲いていますが、今年はやや少なめでしょうか・・・・?
登りきったところが小丸山
すぐ先に丸山方面(右)と赤薙山方面(左)の分岐。
ここから赤薙山を往復し、戻ってから丸山へ向かう予定です。

緩い笹の斜面を登ります。
これは小丸山方面を振り返って見下ろしたところ
右手に見えていた丸山も、いつの間にか低くなりました。
梅雨時にしては良く晴れて、青空に赤薙山がくっきり。
途中、焼石金剛という名前の場所を通過
名前の割には、それほど大きな特徴も無さそうなところです。
その後まもなく右側斜面は樹林帯となりました。
左側は笹の生えた急斜面
樹林の中は段差が大きく、歩きやすいところを選んで登ります。

上部で道が分岐し、赤薙山頂をパスして女峰方面へ向かう道もあります。
直進は赤薙山、右女峰へ
とりあえず真っ直ぐ赤薙山頂へ・・・・短いですが、今回のルートでは一番険しいところで、
とんがり頭のチョコンと突き出た部分です。

到着
鳥居のある狭い山頂で、西側に女峰が見えています。
中央右よりのピークが女峰

このルートから女峰に登ったのは1度だけ・・・・なにせ大昔のことで殆ど記憶に無し。
その後、2008年5月にも挑戦したものの雪が多くて断念。
そのうちもう1度・・・・??

帰りは女峰方面へ50m歩き、先ほどの巻き道との合流点に出ます。
こちらの方が道は穏やかです。

その後下るに連れて霧が深くなり、小丸山到着時はほぼ視界無し。
天空回廊を前に方向転換し、丸山・八平ヶ原(ヤッペイガハラ)方面へ。

・・・・が、霧のためどこを歩いているのか不明・・・・とにかく道のある方へ!
白樺とダケカンバが印象的
いつの間にかあっけなく丸山山頂到着
ここから八平ヶ原へは森の中の下り。
木の階段もなんとなく幻想的
八平ヶ原に近づくと霧は薄れて来ました。
さらに下って以前からの登山道に合流し、レストハウスに戻りました。
---
ちなみにこれは去年5月に4人で登った時の写真
丸山への登り
丸山からの下り・・・・八平ヶ原を見下ろしたところ
八平ヶ原からの丸山



0 件のコメント:

コメントを投稿