2020年8月6日木曜日

半月山・茶ノ木平(日光)

 2020/08/06

[標準コースタイム] 

立木第二駐車場-(0:15)-茶ノ木平入口-(1:10)-茶ノ木平-(0:25)-中禅寺湖道路横断地点-(0:30)-中禅寺湖展望台-(0:40)-半月山-(0:20)-半月峠-(0:40)-阿世潟峠-(0:15)-阿世潟-(0:25)-狸窪-(0:40)-歌が浜-(0:05)-立木第二駐車場

[標高] 半月山 1753m  狸山 1622m

第二イロハ坂を走って、中禅寺湖に出たらすぐに立木観音方面に左折し、目的の駐車場へ。

立木観音付近には無料の駐車場が幾つかありますが、今回は立木第二駐車場を利用。

この辺では、歌が浜第一駐車場が湖畔に面した素晴らしいところです・・・・が、素晴らしすぎて車の出入りが多いので、登山用途としてはやや不向きでしょう。


車内で軽く朝食後、AM7:20くらいに歩行開始。

立木観音とは反対へ歩き、フランス大使館別荘を過ぎて、立木第一駐車場の手前のかどを右折。

ホテルの裏側を回り込むように行くと茶ノ木平への案内があります。

茶ノ木平は標高約1600m・・・・湖畔からは300mあまりの標高差です。

ブナ混じりのやや薄暗い道ですが、朝日が射しているので爽やかな雰囲気。

人通りは殆ど無く、途中にはしっかりした標識が2か所(だったかな?)

登りついたところで男体山が爽やかに迎えてくれました。

霞んでいますが、遠くに女峰山も見えています。

以前はここまでロープウェイが来ていたので、芝生のような地面は当時の名残でしょう。


因みに、ここは明智平ロープウェイ側からも登山道が通じています(・・・・去年の9月に歩きましたが、人通りは殆ど無し) 通行止めふうのロープが張ってあり、明智平や足尾の細尾峠方面はこれをくぐります。


一帯は起伏が殆ど無く、以前に使われていた休憩用の椅子もあちこちに見え隠れしています。

こんな表示も・・・・

やがて道は下り始めて、意外にも(?)どんどん下ります。

車の走行音が聞こえるようになってきて、展望台に到着。

目の前は崖で、正面には男体山と中禅寺湖、奥にはかなり霞んで日光白根や金精峠

中禅寺湖道路が見えていますが、崖下の足元まで来ているようです。

展望台から少し下ると道路に出ました・・・・バス停もあり(茶ノ木平遊歩道入口バス停)

道路を横断したところに立つ標識

ふつう「狸」はタヌキと読みますが、ここでは「ムジナ」と書いてあります(間違いではないらしい)

狸山山頂・・・・そばに電波塔あり。

茶ノ木平とほぼ同じ標高まで登り返したことになります。

再び下って道路と合流・・・・広い駐車場のある中禅寺湖展望台

中央付近にあるピラミッド型の山は社山。

男体山方面

半月山までは1.3キロとのこと

高度を上げるとコメツガが多くなり、高山ふうに植生が変わってきました。

半月山頂到着・・・・眺めは無し。

山頂を少し越えたところに展望台があります・・・・正面に男体山、眼下には紅葉で有名な八丁出島。

快晴だったら本日コースのクライマックスでしょう。

半月山の西側は、東側とは打って変わって明るく開けてきます。

これは社山を正面にした下り。

半月峠に到着

ここから中禅寺湖畔の狸窪に下る道が右へ分岐

歌が浜の駐車場に戻るには、この方が近道です(やや薄暗い下り)

今日はもうひと山(中禅寺山を)越えて阿世潟峠へ。

気分の良い爽やかな道が続きます・・・・適当なところで座り込んで食事休憩。

阿世潟峠に到着

ここから湖畔の阿世潟へ

下り始めは急ですが、湖畔に近づくに連れ緩やかに。

阿世潟に到着

静かな湖畔

ここから歌が浜まで約1時間の林道歩き。

見ごたえのある大木が続きます。

途中、イタリア大使館別荘記念公園と英国大使館別荘記念公園を通ります。

こちらは英国大使館別荘記念公園

近くにあった地図

この辺になると、多くの人が歌が浜駐車場から散策で訪れていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿