2020年12月16日水曜日

三毳山(栃木県佐野市)

 2020/12/16

[コース] 

南駐車場→三毳神社→中岳→山頂広場→青竜ヶ岳→池→とちぎ花センター→野草の園→(あじさいの道経由)→南駐車場

[標高]青竜ヶ岳229m、中岳210m

---

三毳山の稜線は南北に伸びていて、付近は県立公園に指定されています。

公園の北端に最高点の青竜ヶ岳があり、南側には東西に国道50号、西側には南北に東北自動車道が通っています。

公園内にあった地図(左が北)


南口の駐車場に車を置きました。

佐野から50号を東に走る場合、佐野藤岡インターを過ぎてすぐ「道の駅みかも」があり、信号を左折します。

道の駅と公園南口への入口は同じで、左折してそのまま進んだところが南口の駐車場です。

今回は南口から青竜ヶ岳まで稜線を歩き、帰りは東口広場に下りて、公園の東側を回って南口に戻ります。

これは平日朝10時前の南口駐車場・・・・この日は非常に寒く日本海側では大雪!

四角い大きな板は道の駅みかものソーラーパネル。

これはすぐ傍にある三毳庭園・・・・寒さで池が凍結しています。

公園内を走るフラワートレイン

東口、西口を周り、山越えもしてかなり広い範囲を走ってくれます。

フラワートレイン乗場の先にあるコースの案内標識

この道はほぼ一直線に登っています。

古くから三毳神社の参道だったらしく、意外に手ごわい所があり、階段も擦り減っています。

急なところは隣に安全な巻道(迂回路)があり、途中まで舗装道路もあります。

舗装道路を2度横切りますが、2度目には三毳神社の鳥居をくぐります。

階段を登りきったところ

南側が開けています

遠く光っているのは渡良瀬遊水地

神社の裏手に回り、標識に従って中岳・山頂広場方面へ

軽く下って登り返すと蝋燭岩(ロウソクイワ)・・・・三毳山七石の1つとか説明あり。

その先の開けたところからは筑波山方面が綺麗に見えていました。

手前を走るのは国道50号

更に登って中岳

この時期は葉も全て落ちてやや殺風景ですが、春にはツツジが沢山咲きます。

これは今年4月末頃の中岳

北側に下り始めると樹間から青竜ヶ岳が見えてきます。

下ったところが山頂広場

休憩舎は2階建てで、この下がトイレ。

道路を横切って青竜ヶ岳方面へ

30m先には犬石

さらに100m先にも犬石があります。佐野市の犬石と藤岡町(現栃木市)の犬石があるようです。

少し下って三毳の関所跡(伝)・・・・ここも車道が通ります。

その先にある花籠岩からの眺め

麓の辺りを東北自動車道が通っています。

青竜ヶ岳が近付いてきました。

この先もう1つ休憩舎を越え、ハーブ園への分岐を過ぎると青竜ヶ岳への登りです。

青竜ヶ岳の250m手前にある東駐車場方面への分岐・・・・帰りはここを下ります。

頂上直下はやや急傾斜

到着・・・・電波塔が立っているのがちょっと残念。

西には大小山や榛名山。日光の男体山方面は雲の中。

もうすぐお昼ですが、山頂は風が冷たいので戻って先ほどの分岐に入ります。

少し下ったところに丈夫そうな椅子があり食事休憩。

先ほどまで歩いてきた主稜線ルートに比べると人通りは少なくなります。

目の前の景色もいい雰囲気!

この先は平和な道が続きます。

下る途中から中岳方面の眺め

樹間から東口も見えてきます・・・・東口はこの公園の表玄関的存在。

車道に出ました。

道なりに下ってもいいですが、横断して細い道(道らしくない)に入ります。

特に案内は無いですが、良く立ち寄る池があります。

少し上にもう1つあり、こちらはカモが泳いでいました。


この少し下の方には湿性植物園もあります。

栃木花センター・・・・温室やバラ園もあり。

奥のピークが青竜ヶ岳

野草の園付近の森を散策してからあじさいの路を経由して南口へ

整った木立に、まだ紅葉が残っていて綺麗でした。


---

西口のハーブ園や万葉庭園などはこちら(nobolog)


0 件のコメント:

コメントを投稿