2021年3月31日水曜日

仙人ケ岳(足利市)

 2021/03/31

[標準コースタイム]

岩切登山口近くの駐車場-(0:40)-生不動-(0:30)-熊の分岐-(0:20)-仙人ケ岳-(0:15)-熊の分岐-(0:45)-犬帰り-(0:40)-東のピーク-(0:20)-猪子峠-(0:10)-猪子トンネル東口-(0:20)-駐車場

[標高] 仙人ケ岳 663m

写真は岩切登山口近くの駐車スペース(道路前方が猪子トンネル方面)

黄色の線の奥は民家の出入口なので、邪魔にならない配慮が必要です。

この日もどんどん車が来たので、民家のおばさんがやむを得ず場所を指示している状況でした。

台数が多い場合は、この東側に旧道があるので、その路肩に停めるのがおすすめです。

左に分岐しているのが旧道

岩切登山口はこの先にある岩切橋の手前を左へ。

登山口にある地図の一部

木の鳥居をくぐった後、流れに沿った道を遡ります。

頻繁に流れを渡りますが、増水時でなければ渡るのは容易。

不動の滝

手前に巻き道もあったらしいですが、気づかず直進しました・・・・ロープ付き。

水量はチョロチョロ流れているくらい。

沢に沿って、春らしい雰囲気が続きます。

生不動尊が見えてきました。


その先にも小さな滝があって、こちらの方が不動の滝よりも滝らしい姿!

岩切鉱山跡の案内

生不動尊のあたりから幾つか洞穴のようなものが見えていましたが、マンガン採掘跡のようです。

やや危なっかしい橋も出てきます・・・・渡ってみると頑丈です(・・・・今のところは)

その後、水流はいつの間にか消えて、明るく開けた谷筋を行きます。

傾斜を増すと、右前方にカーブしながら稜線を目指します・・・・雰囲気のいい斜面です。

稜線に出たところが熊の分岐・・・・山頂まで20分とか。

尾根上の道になって、右手には赤雪山が見えています。

アカヤシオが出てきました。

赤雪山へ3.9Kmとの分岐点

仙人ケ岳は「どこが最高点かな?」と目で探すような、おおらかで広い山頂でした。

時刻はほぼ12時・・・・簡単にお昼。

整った南側斜面の木立ち。

桜の木もところどころ見えますが、今日は春霞でやや霞んでいます。

そう言えば昨日のニュースでは、久しぶりに黄砂も飛ぶとか。

下りは熊の分岐まで戻り、猪子峠方面を選択(直進)。

ザレた斜面で滑りやすいところも多いので要注意です。

さらにアカヤシオがどんどん登場

一旦登り返すと知ノ岳(561m)

眺めの良いピークで深高山、石尊山の稜線が見えています。

遠くに松田川ダムも見え、ここから松田湖のキャンプ場に下るルートがあります。

写真右手の稜線がこの先歩くルートで、巻き道は殆ど無く(たぶん!)、稜線に合わせて上下します。

アカヤシオにも色の濃淡差がかなりあるようです。

下って登って次は宗ノ岳(530m)というピークを通過。

尾根道の左側にはアカヤシオの群生が見えます。

前方にはまだピークが!

犬帰り(犬返し)の鎖場に来ました・・・・巻き道もあり。

鎖は1点でしか固定されていないので、体が振られないように注意。

下った感想・・・・やはり登りにとった方が安全でしょう。

猪子岳手前の稜線から松田湖と赤雪山


猪子山(511m)に到着

アカヤシオはまだ続きます!

猪子峠に近づくと緩やかで平和な山道が出てきます。

岩の稜線では神経を集中するので、ここまで来てホッとする感じ。

猪子峠に到着

書かれた指示に従い、猪子トンネル東側に下りました。

トンネル東側からゆっくり歩いて駐車場まで20分くらい。

---------------------------------

犬帰りの鎖場は勿論ですが、岩尾根の歩行には要注意!

・・・・角のある石が多いので、うっかり躓いたりすると怖い!

それに対して、登りにとった沢沿いルートは、のどか・・・・(個人差もあるでしょうが、)今回とは逆の方が安全度は高そう。

途中、知ノ岳(561mピーク)から松田湖キャンプ場に下るコースもあると書きましたが、その後ネット上で調べたりしてみると、安全なコースとは言い難いようです。


0 件のコメント:

コメントを投稿